【クラロワ】引き分けに対する罰則についての公表内容まとめ

クラロワ

先日、クラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)で引き分けに関するBAN騒動がありました。

それに伴い、運営から引き分けやBANに関する考えなどが公表されました。この内容は多くのクラロワプレイヤーが知っておくべきことだと思い、本記事でまとめてみました。

スポンサーリンク

経緯

7/31(土)、プロ選手であるSandBox(ツイート)とLucas (ツイート) がともに31日間のBAN措置を受ける。理由はグローバル大会での引き分け取引。

同日、運営のMax氏が2人のBANを取り消すことを発表(ツイート)。

8/4(水)、改めてMax氏がBANの方針などについての説明を行う(ツイートTwitLonger)。

用語・翻訳について

本記事では英語の日本語訳を載せますが、その単語の翻訳方法など本記事で使う用語の説明をします。

  • Tie trading → 引き分け取引
  • BAN → アカウント利用停止
  • Global Tournament → グローバル大会
  • Ladder → マルチ
  • Leaderboard → ランキング
  • ToS → Terms of service。利用規約。

また、本記事における筆者の日本語訳には間違いがある可能性がありますので、その点はご注意ください。

7/31 Max氏のツイート

7/31(土)に行われたMax氏のツイートスレッドを翻訳します。


「引き分け取引によるBAN」
フェアプレーとサポートチームと話し合った後、私たちはSandBoxとLucasの両方のBANを取りやめることにしました。

なぜか?

引き分け取引は私たちが奨励したい慣行ではありませんが、31日間の禁止は厳しすぎる罰のようです。

引き分け取引の何が問題?

これがランキングに影響を与えていなくても、他のプレイヤーに影響を与える可能性があります。他のプレイヤーとの引き分け取引で必ず勝つ相手を都合よく選択するプレイヤーは、ランキング操作と見なすことができます。

そうは言っても、チーム間のコミュニケーションの誤りと状況の誤解(私を含む)のために、制裁は不均衡になりました。これは誰にとっても明確になりました

それで、ルールは正確には何ですか?

グローバル大会での引き分け取引は、大会からの失格につながる可能性があります。
マルチでの引き分け取引は今のところ許容されていますが、ランキングの一般的な健康に害を及ぼす可能性があるため、より詳細に調査します(上記で説明)

8/4 Max氏の説明

8/4(水)に投稿されたMax氏のTwitLonger(長文投稿)を翻訳します。


1. グローバル大会とマルチの引き分け取引について同じルールを持ってみませんか?

最終的には、それが私たちが望んでいることです。前のスレッドで述べたように、引き分け取引はゲームやランキングにとって不健康になる可能性があるため、私たちが奨励したい慣行ではありません。これは、すべての大会またはマルチに当てはまります。

現実的かつ正直なところ、フェアプレイチームは、1か月のシーズンで1000人のプレーヤーよりも、3日間のトーナメントで100人のプレーヤーの引き分け取引をチェックする方が簡単です。

そして今週末にかなり明らかにされたように、引き分け取引はプレイヤーの間で広く普及している慣行です。それを阻止するためのルールを適用したい場合は、次のものが必要になります。

  • それをサポートするための信頼できるシステムとプロセス。
  • そのルールを適用する前に、事前にプレーヤーに警告すること。

2. プロとカジュアルの特別扱い

BANに関しては、私たちがどのように働いているかについての洞察を与えることが役立つかもしれないと思います。アカウントに制裁措置を確認して適用できるチームが2つあります。

一つはフェアプレイ/不正防止チーム。グローバル大会でトップ100を終えた場合、またはシーズンの終わりにトップ1000を終えた場合、それらはあなたのアカウントがクリーンであることを確認するものです。

もう一つはサポートチーム。彼らはプレイヤーからの日常のリクエストを処理しています。ゲーム内でメッセージを送信すると、それらが応答します。

土曜日に、プレーヤーはLucasとSandBoxの間の引き分け取引を報告するためにサポートに連絡しました。彼らは、ToSの強力な違反であると彼らが考えたものに対して制裁を適用しました。

フェアプレーチームが処理すべきだったことがサポートの手に渡り、誤解や誤解により、誤った制裁が適用されました。

カジュアルプレイヤーが引き分け取引のサポートに報告される可能性はほとんどありません。しかし、これが事実である場合、それが正しい方法で処理されることを確認しました。

3. 他のBANについてはどうですか?

私は毎週、BANが間違いだと主張するプレイヤーからタグを付けられています。

BANの理由が次の場合、私はあなたのBANが有効であると100%確信しています。

  • アカウントの共有/購入/所有権の譲渡
  • 破壊的な行動

後悔するかもしれませんが、ツイッターでタグ付けされるたびに、アカウントが簡単に見つけられたらチェックしています。私は答えません、私は争いません、しかし私は「念のために」チェックします。私が確認したすべてのアカウントについて、BANは有効でした。

永久にBANされている場合は、「サポートに連絡」ボタンがあります。「破壊的行動」については、少なくとも3回の一時的なBANの後に永久的なBANが適用されるため、それが来ることがわかります。

私たちは、制裁とBANに関するプロセスとコミュニケーションを改善するために、サポートチームとフェアプレイチームと緊密かつ継続的に協力しています。私たちが持っているツールとその背後にいる人々は、日々より良く、より正確になっています。

この批判がどこから来ているのかは理解していますが、私たちはプレーヤーを平等に扱います。プロが自分のアカウント、「違法な」宝石を購入したために永久にBANされた場合、またはゲームで繰り返し毒性がある場合、彼はBANされたままになります。

建設的かつ丁重にコメントしてくださった皆様、ありがとうございました。あなたの意見や考えは、より良いシステムとプロセスを改善し、構築するために私たちにとって貴重です。

まとめ

色々書いてありますが、私達プレイヤーが注意すべきことという見方で見ると次のようになると思います。

グローバル大会での引き分け
 → 大会からの失格になる可能性あり

マルチでの引き分け
 → 現時点では許容されている(罰則なし)。

ToS

Supercellゲームの利用規約(ToS)を確認してみました。

Japanese Terms of service × Supercell

SandBoxとLucasが一時的にBANされたのは「1.1」の項目の違反ですが、ここに書かれている禁止されている行為の中に下記の文章があります。

本サービスの正常な運営を妨げ、妨害し、又はその他の方法で悪影響を与えたり、他のユーザーが本サービスの利用若しくはSupercellのゲームをプレイする際に、その体験に悪影響を与えるおそれのあるような行動をすること。これには、談合プレイ及びその他のランキング操作行為、本サービスのエラーを悪用して他のプレイヤーに対する不公正な優位性を得る行為、及び本サービスの設計を故意に悪用したり、これに反するその他の行為を含みます。

最後に

全てのプレイヤーは利用規約に従ってゲームをプレイする必要があります。

利用規約上は談合プレイは禁止されている行為です。ただし引き分けが談合プレイに入るのかどうかという利用規約の解釈や、実際にプレイヤーに対して平等に罰則を与えることができるのかという運用の問題があり、特にマルチの引き分けについては現状では罰則が無い状態です。

言い換えれば、たまたま罰せられない状態と言えるかもしれません。

今年のクラロワリーグは選手自身のアカウントで参加する方式であり、そのアカウントが利用できないとクラロワリーグから排除される危険性もあります。こういったアカウントの重要度が高いプレイヤーは特に「危うきに近寄らず」で安全なプレーをしてほしいというのが個人的な感想です。




以上です!よきクラロワライフを!

クラロワ関連リンク



※このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました