【調査】Windows 10 October 2018 Updateは入れていいのか?

ネットニュースを見ていると時々目にするWindows 10 October 2018 Updateの文字。
今回はこれについて調べてみたいと思います。

【注意】個人的に調べた範囲で書いていますので、内容に間違いがある可能性があります。実際に行う際はご自身の判断で行ってください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

目次

Windows 10 October 2018 Updateとは

Windows 10の大きな機能アップデートは年に2回ぐらいの周期で行われているようです。

その2018年10月分の機能アップデートに当たるものがWindows 10 October 2018 Updateです。

バージョン番号で言うと1809になります。

【参考】複雑怪奇? Windows 10の大型更新とサポート期間を整理する:Windows 10 The Latest – @IT

このWindows 10 October 2018 Updateの対象者は、Windows 10の全てのエディションが対象のようです。

Windows 10 Home、Pro、S を実行している、すべての既存の Windows 10 デバイスのユーザーは、無償でこのアップデートを入手できます。

Windows 10 October 2018 Update (バージョン 1809) の紹介 – マイクロソフト コミュニティ より

入っているかどうかの確認

既にWindows 10 October 2018 Updateがインストールされているかどうかは下記の方法で調べることができます。

  • 「スタート」から「設定」を選択。
  • 「システム」→「バージョン情報」を選び、「Windowsの仕様」を見る。

「バージョン」が1803などの場合、まだWindows 10 October 2018 Updateが入ってない事になります。


トラブルと履歴

Windows 10 October 2018 Updateはその名の通り2018年10月に提供が開始され、現在誰でもインストールできる状態です。
ですが、インストールする前にこのアップデートに関して起こった問題を知っておく必要があるかもしれません。

(日付は米国時間)

入れていいのかどうか

過去起きた問題は、現在は概ね解決しているようなので、ほとんどの人は入れて問題ないと思われます。
ただし、特定の環境の人には不具合を起こす可能性があるようなので注意したほうがいいかもしれません。

【参考】「Windows 10 October 2018 Update」で見つかっている不具合のまとめ(2019年2月4日更新) – やじうまの杜 – 窓の杜

前章の記事に上級ユーザーという表現がありますが、Microsoftは自ら「更新プログラムのチェック」を行ったユーザーを上級ユーザー(英語:advanced users)と呼んでいます。

Microsoft的には、上級ユーザー達が(自己責任で)アップデートを適用して、それで問題が起きなければ自動アップデートで全ユーザーに適用するという流れにしているのかもしれません。

【参考】Windows 10 update history – Windows Help(英語)

最後に

このWindows 10 October 2018 Updateは自分で入れようと思わなくても、いずれはWindowsが半強制的に入れようとしてくると思われます。

それまで放置してもいいですし、新機能に興味があればそれまでに入れるのもいいかも知れません。

新機能については次の記事で書こうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする