【ブラサス】スフィアについて その2 スフィアツリー

前回の記事スフィアについて その1 基礎の続きです。

スフィアには白、緑、青、紫、赤と種類がある事が分かりましたが、それぞれが単独で存在するわけではなく、別のスフィア同士を合成させて新しいスフィアを作るという事が起こります。

その合成の様子(スフィアツリー)を一枚の画像にまとめました。

スフィアツリー


色はスフィアの色に対応しています。
以下、図の一部分を切り出して見方を説明します。

・スナイパーは「スナイパーの欠片」を30コ合成して作る
・覆面レスラーはスナイパー3コとプロボクサー30コを合成して作る
・ギャングは「ギャングの欠片」を30コと覆面レスラーを合成して作る
・グラディエーターは「グラディエーターの欠片」を50コ合成して作る
・格闘家はグラディエーター1コとギャング2コを合成して作る


このツリーの一部分をゲーム画面で見るとこんな感じですね。

まとめ

前回の記事とあわせてまとめてみると、こういう事になります。

1. カードをレッド1→レッド2→レッド3と上位にグレードアップするにつれて、
2. 赤スフィアなど、上位のスフィアが必要となり、
3. その為には、(赤)、紫、緑・・・といった下位のスフィアも大量に必要になる。


なかなか大変そうな話ですね・・・

次回はスフィア集めの方法について書きたいなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする