【クラロワリーグ】総当たりリーグ最終Weekに向けた展望

今日でクラロワリーグWeek7が終了し、総当たりリーグは来週のWeek8を残すだけになりました。

今日までの星取表は次のとおりです。

韓国のチームは今週で戦いを終えたので、勝敗が確定し、韓国内1位はKING-ZONE DragonXに決定しました。

来週は日本と東南アジアのチームが全8試合戦いますが、その結果によって順位がどう変わるか見てみたいと思います。

GameWith視点

現在7勝と最も有利な位置にいるGameWithは、最終週、2戦のうち1勝でもすれば日本内1位が確定し、同時に全チーム中1位が確定します。
これは8勝でPONOS Sportsと並んだとしても直接対決で勝利しているGameWithが上位になる為です。

PONOS Sports視点

最終週に2戦2勝し、GameWithが0勝の時のみ日本内1位になることができます。
ただし、その時は全チーム中1位にもなります。

KING-ZONE DragonX視点

7勝して韓国内1位となっていますが、最終週、日本チームが7勝止まりだったとしても、GameWithやPONOS Sportsとの直接対決に負けているKING-ZONE DragonXは全チーム中1位にはなれません。
一方、東南アジアのチームは7勝には届かないので、エリア1位同士の順位2位で確定です。

プレイオフ戦はどうなる?

以上の事を踏まえると、プレイオフの形が少し見えてきました。

GameWithは自力で一番いい位置に行け、KING-ZONE DragonXもまあまあいい位置が決まったという所ですね。

各エリア1位を漏れたチームも、その中の上位4チームワイルドカード戦に進め、総合チャンピオンへの道が残されるので、最終週も全力で勝ちに行かないといけません。

最終週は意外とワイルドカード枠争いが熱くなりそうです❗❗

こちらも参考にどうぞ

🔍クラロワの関連記事

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする