クラロワツールズというサイトを公開しました

先日、クラロワツールズというサイトを公開しました。

この記事で簡単にご紹介したいと思います。

目次

特徴その1)クラン対戦のデッキ一覧

クラン対戦でクランメンバーが使用したデッキを見ることができます。

1. トップページでクランを検索。クラン名かクランタグからクランを探すことができます。

2. クランのページで【対戦】ページに切り替える。これ以降は戦闘日の時に使える機能です。

3. 参加者一覧の所にある【デッキ取得】を押します。参加者ごとに使用したデッキが表示されます。
PCやタブレットで幅広く表示できる場合、下記のような一覧で見ることができます。

4. 更に【カードを並び替え】を押すと、カードのタイプ(ユニット、建物、呪文)順、その中でコストの重い順に並び替える事ができます。

私は勝利したデッキを中心に見て、自分が使えそうなデッキや自分のカードレベルが高いデッキを見つけ、自分の対戦の参考にしています。

使用デッキは、クラロワAPIを使用してプレイヤーの対戦ログから取得してます。
APIの仕様上、対戦ログの件数には制限があるので(最近の25件)、対戦ログから流れてしまったプレイヤーからは何度やってもデッキは取得できません。
そのプレイヤーのデッキを見たい場合はゲーム上でリプレイを表示して確認してください。

特徴その2)デッキをメモしておける

デッキメモという機能があります。

デッキメモには複数のデッキをメモしておけます。
詳しい使用方法はページ右上のヘルプボタンからご確認ください。

自分のデッキメモは「固定リンク」をシェアすることにより、他の人が見ることができます。

試しにゴーレムデッキをいくつか詰め込んだものがこちらになります。
https://claroy.rakda3.net/ja/deck_memo/STP5R9EUG7

例えばYouTubeで紹介されていたデッキを使ってみたいという時に、コメントにデッキリンクがある場合はそれを使って登録し、無い場合もデッキ作成で作ってそのままデッキメモに登録できるので、クラロワ以外からの登録もできる所はメリットでしょうか。

クラロワからデッキメモへの登録方法はコピペになるので(デッキ管理アプリと比較すると)ちょっと手間がかかるのが難点でしょうかね。

サイトを作った理由

最初はデッキメモの機能が欲しいと思い、作り始めました。

1v1用、2v2用、対戦(の練習)用、色々なデッキを試す時に、どれかのスロットをつぶさなくてはならず、デッキを戻したいと思っても記憶はあやふやだからスクショをとっておくとかしかできず、戻すのが面倒

日本一プレイヤーであるフチさんも嘆くくらいです。

デッキリンク自体をメモ帳的なものに残しておいた時もありましたが、それだとカードが分からないので、それをWeb上でやって、カードの画像をつけたものというのがデッキメモ機能でした。

そうこうしている間に、クラロワが公式APIを提供する事を知り、APIを使って何かできないかなーと調べたりしていました。

以前からぼんやり思っていたクラロワへの要望があり、

それをAPIを使えば実現できそうだと分かり、クラン対戦のデッキ一覧機能を作りました。

サイト作成で苦労したこと

RoyaleAPI等の非公式APIも今まで使ったことがなかったので、最低限の情報しかない公式サイトからなかなかAPIの仕様をつかむのが大変でした。

例えば対戦の状態は、notInWar, collectionDay, warDayの3つかと思っていたらmatchmakingという状態もあることに途中で気づくなど。

また、初めて複数言語(日本語と英語)をサポートするサイトを作りましたが、英語が苦手なので、英語に翻訳するのに時間がかかりました。
Google翻訳などを頼りにしているので、英語がおかしい所も多々あると思います。

今後やりたいこと

APIで出来ることを色々やっていくと結局RoyaleAPIみたいなサイトに近づいていくだけなので、なるべくかゆい所に手が届くような、クラロワが便利に楽しくなる機能を増やしたいなと思います。

サイトについての質問要望不具合報告はいつでもお待ちしております。
当ブログのコメントや、Twitterへのリプ・DM等でいただければと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする