【プロスピA】「ターニングポイント」で累計報酬を取るには

スポンサーリンク
ゲーム

【2020/04/23最終更新】2020年4月開催分の情報をイベント履歴に追記しました。


※ここから下は基本的に2018年2月開催分の情報です。
プロスピAで2/28から7日間、イベント「ターニングポイント」が開催されます。

何度も経験したイベントではありますが、ちゃんと調べたことは無かったので一度調べてみようと思いました。

【注意】個人的に効率がいいと思う方法を書いていますので、当てはまらない人がいたり、情報が間違っている場合もあります。ご容赦ください。

スポンサーリンク

イベント概要

  • 通常スタミナを使用し、試合の場面の条件をクリアする
  • 条件をクリアすることでステージptがもらえる
  • ステージptの累計によって累計報酬ランキング報酬がもらえる

イベント履歴

過去のイベントの報酬や変更点を残しておきます。
(抜けがある可能性があります)

■2020年4月開催分
【期間】2020/4/23(木)15:00 ~ 4/30(木) 14:59
【報酬(累計)】累計350万ptSランク TS契約書(第1弾)
【報酬(ランキング)】10000位以内でSランク 自チームTS契約書(第1弾)確定

■2019年6月開催分
【期間】2019/6/26(水)15:00 ~ 7/3(水)14:59
【報酬(累計)】累計350万ptSランク TS契約書(第3弾)
【報酬(ランキング)】Sランク 自チームTS契約書(第3弾)がもらえるのは8000位以内。

■2018年11月開催分
【期間】2018/11/05(月)15:00 ~ 11/12(月) 14:59
【報酬】累計350万ptSランク OB契約書(第1弾)

■2018年8月開催分
【期間】2018/8/28(火)15:00 ~ 9/4(火) 14:59
【報酬】累計でSランク TS契約書(第5弾)

報酬(累計)

ステージptの累計で報酬がもらえます。
エナジー・不屈ドリンク・OB契約書を抜粋します。

1000:5エナジー
2万:不屈ドリンク
3万:5エナジー
5万:BランクOB契約書(第5弾)
8万:5エナジー
10万:AランクOB契約書(第5弾)
15万:5エナジー
22万:不屈ドリンク
30万:AランクOB契約書(第5弾)
45万:不屈ドリンク×3
50万:10エナジー
60万:10エナジー
70万:AランクOB契約書(第5弾)
90万:10エナジー
95万:不屈ドリンク×3
110万:不屈ドリンク×3
130万:10エナジー
160万:不屈ドリンク×3
170万:10エナジー
180万:不屈ドリンク×3
210万:10エナジー
240万:不屈ドリンク×3
260万:不屈ドリンク×3
270万:15エナジー
300万:Aランク自チームOB契約書(第5弾)
310万:不屈ドリンク×3
330万:15エナジー
350万pt:SランクOB契約書(第5弾)

350万pt達成するまでにエナジーは110不屈ドリンクは26コ手に入ります。

目標・調べること

累計報酬350万ステージptでもらえるSランクOB契約書(第5弾)を取ることを目標にします。

また、どれぐらいのエナジーを消費すれば累計のOB契約書を手に入れることができるか?調べてみたいと思います。

自然回復でやれる試合数

イベントは7日間で、1日あたり20試合分のスタミナが使えると仮定すると140試合。
累計報酬でもらえるエナジーと不屈ドリンクを使うと考えると、276試合は(既存の)エナジー消費無しで行えます。

イベントボーナス選手

イベントボーナス選手のボーナス値は次のとおりです。

OBOB以外
Sランク70%50%
Aランク40%30%
Bランク20%10%

10連OBセレクション

開催されているセレクションから出る選手にはすべてイベントボーナス(10%以上)が付きます。

10連目と20連目はAランク以上の選手(ボーナス30%以上)が1人確定。
30連目はSランクOB選手(ボーナス70%)が確定です。

最も運が悪い場合でも、10連だけやると合計で120%(A+Bx9)、20連で140%(Ax2+Bx8)、30連で200%(OBS+Ax2+Bx7)のボーナスからイベントを開始することができるというわけですね。

ステージの達成ペース

イベントはステージ1からステージ5までの試合を繰り返して行います。
時々、超級が出たり、シルバーステージ・ゴールドステージになったりします。
また、ステージクリアに失敗するとステージpt稼ぎとしては少し足踏みします。

このあたりの事を総合して1試合あたり平均4000ptを稼ぐと仮定してこの後の計算をします。

このptはイベントボーナス選手の倍率を加えてない素のptです。

ケース1)セレクションをしない場合

累計報酬の途中途中でイベントボーナス付きの選手を入手できるので、ptを重ねるにつれてボーナス値は増えていきます。

セレクションをしない場合、ボーナスは0%から始まりますが、300万pt達成時にはボーナスは180%となります。

計算は省きますが、累計350万pt達成するには388試合が必要という計算になります。

また、実質のエナジー消費は112(388-276)の計算となります。

ケース2)セレクション10連をした場合

最も運が悪い場合の120%スタートで考えると、累計350万pt達成するには280試合が必要という計算になります。
実質のエナジー消費は4(280-276)とセレクションの250を合わせて254の計算となります。

ケース1と比較すると、エナジーを142多く消費するが、試合数が108試合少なくて済むし、セレクションでの選手の入手もできるという事になります。

ケース3)セレクション30連をした場合

最も運が悪い場合の200%スタートで考えると、累計350万pt達成するには223試合が必要という計算になります。
実質のエナジー消費は-53(223-276)とセレクションの250×3を合わせて697の計算となります。

エナジーに余裕があったり、試合(自操作)に時間をかけたくなかったり、セレクションで目当てのSランクOBを入手できることにかけたり、そういう人は30連をやってもいいかもしれませんね。

まとめ

エナジーの消費をなるべく少なくするにはセレクションをひかないのがいいようです。

ただ、セレクションの10連はよくイベントの参加料とか参加費とか言われることがありますが、こうやって見るとたしかにエナジー消費量と試合数の短縮のバランスがいいように思います。
ある程度楽にイベントをこなしたいという人にはおすすめかもしれません。

注意しないといけないのは、本記事の数字は「1試合あたり平均4000pt」で計算していますが、ここは自操作のスキルや難易度選択(初級~上級・超級)が大きく関わってきますので上下する所です。

また、セレクションは最も運が悪いケースで計算していますので、少しいい選手が入手できるだけでボーナス値は上がります。

あくまでも参考という事で考えてください。

その他

選択する難易度は、私の場合、ステージの序盤(1~2)ほど初級や中級であってもほぼ成功するという難易度を選びます。
ステージの4や5では失敗する確率が少し上がるくらいならなるべく上級以上を選ぶようにします。

また、試合の成功率を上げるために毎回オーダーを入れ替えて操作する選手を調整するいうのもよく知られたテクニックです。
打席に立つ選手だけでなく塁上の選手を俊足の選手にして盗塁させるというのも高い難易度をクリアするための技でもあります。

以上です!よきプロスピAライフを!




以上です!よきプロスピAライフを!

プロスピA関連リンク

コメント

  1. 阪神ファン より:

    30連で能見選手出ました。
    これで継承できます。
    ヽ(*^ω^*)ノ

タイトルとURLをコピーしました