【クラロワ】2021年9月シーズンのバランス調整まとめ

クラロワ

クラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)でカードのバランス調整の内容が発表されました。

本記事ではこのバランス調整の内容について詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

情報源

Supercellクリエイター

9/2(木)18:00に各Supercellクリエイターによってバランス調整内容が情報解禁されました。

RoyaleAPI (クリエイターコード: royaleapi)

詳細にまとめられた記事もあります
Balance Changes – Clash Royale 2021 Q3 Autumn Update (Season 27) – RoyaleAPI


きーる(クリエイターコード: kir)


ライキジョーンズ(クリエイターコード: raiki)


けんつめし(クリエイターコード: kent)

公式ブログ

公式ブログ(およびゲーム内クラロワニュース)では、9/3(金)に情報が公開されました。

バランス調整を行いました! | Clash Royale英語版

この記事には各カードの調整の理由も書かれているので見ると参考になります。


本記事ではこれらの情報やそれをもとに自分で調べた内容についてまとめてみたいと思います。

どういうカードが調整されるのか?

バランス調整の対象になるカードは、現環境で使用率が高すぎたり(強すぎたり)、低すぎたり(弱すぎたり)するカードがメインになると思います。

8月終盤に書いた下記記事のカード使用率も併せて記載したいと思います。

実施日

バランス調整は9/6(月)、新シーズンが始まった後に行われるメンテナンスにより実施されると思われます。

【追記】9/6(月) 20:00頃にメンテナンスが行われました。

強化

今回バランス調整されたそれぞれのカードについて見ていきます。強化弱体化リワーク(カード特性の作り替え)の順に見ていきます。

(※)ダメージやHPといったステータスは大会レベル(レベル9)のものを記します。

ポイズン

  • 敵の移動速度(Movement Speed):-15%

【使用率】1.6% (参考:ファイアボールは50.4%)

ポイズンは現在は「一定範囲に継続的にダメージを与える」だけの能力ですが、これに敵の移動速度を遅らせる効果が加わる強化です。

2016年10月20日(実に5年前!)のバランス調整以前はポイズンに遅延効果がありました。ただし、この時は敵の移動速度と攻撃速度の両方に遅延がかかっていましたが、今回は移動速度のみです。

(参考)【クラロワ攻略】10月20日にジャイアントやポイズンなど7種類のカードが修正 | ファミ通App

ロイヤルホグ

  • ダメージ(Damage):5963(+6%)

【使用率】0.4%

与えるダメージが上がる強化です。4体が一発ずつ攻撃すると252ダメージということになります。

ハンター

  • 初撃速度(First Hit):1.1秒 → 0.9秒(-0.2秒)

【使用率】1.2%

初撃速度は射程に入ってから最初に攻撃するまでの時間です。

3月(半年前)のバランス調整で0.7秒→1.1秒と0.4秒長くなる弱体化を受けましたが、弱くなりすぎたということで今回は半分戻ります。

(参考)【クラロワ】2021年3月末のバランス調整まとめ – らくログ

盾の戦士

  • ダメージ(Damage):90101(+12%)

【使用率】0.2%

盾の戦士は、HPはスケルトンと同じ(67)、盾のHPは他のユニットのシールドと同じ(199)という風に一貫性を持たせています。これらは変えずに強化したいという事でダメージが上がりました。

一発のダメージは吹き矢ゴブリン(ダメージ100)と同じくらいになりました。

巨大雪玉

  • ノックバック(Pushback):1.5マス → 1.8マス(+0.3マス)

【使用率】3.9%(参考:矢の雨は21.9%、ザップは18.3%)

敵をノックバックさせる距離が伸びる強化です。

これにより単体で来るゴブリンバレルを完封することができるようになります。

墓石

  • 破壊時召喚(Death Spawn):3体 → 4体(+1体)

【使用率】1.2%

建物が壊れた時に出現するスケルトンが1体増える強化です。

ボムタワー

  • 稼働時間(Lifetime):25秒 → 30秒(+5秒)

【使用率】0.5%

建物が建っている時間が延びる強化です。

後述するテスラの稼働時間も30秒になり、これにて下記の建物を含む射撃系の建物の稼働時間は全て30秒に統一されることになりました。

  • 大砲
  • 迫撃砲
  • インフェルノタワー
  • 巨大クロスボウ

弱体化

ゴブリンドリル

  • 破壊時召喚(Death Spawn):3体 → 2体(-1体)

【使用率】21.5%

建物が破壊した時に出現するゴブリンの数が減る弱体化です。

ロイヤルジャイアント

  • 初撃速度(First Hit):0.7秒 → 0.9秒(+0.2秒)

【使用率】13.5%

射程に入ってから最初に攻撃するまでの時間が長くなる弱体化です。

タワーを遠くから攻撃できるのがロイジャイの特長ですが、初撃速度が延びることにより攻撃をタワーに届ける前に倒されやすくなります。

エレクトロジャイアント

  • HP(Hitpoints):35913458(-4%)

【使用率】5.0%

体力が減る弱体化です。

一旦タワーに届くと大ダメージを与えるエレジャイなので、少しのHPの減少ですが変化は大きいかもしれません。

ファイアスピリット

  • ダメージ範囲(Damage Radius):2.5マス → 2.3マス(-0.2マス)

【使用率】22.3%

範囲ダメージの範囲が狭くなる弱体化です。

前回(6月)のバランス調整でリワークされ、ダメージ範囲が1.7→2.5と大きく広がりましたが、ゴブリンバレルを1コストで完封できるなどやりすぎた感はありました。

(参考)【クラロワ】2021年6月シーズンのバランス調整まとめ – らくログ

調整後はタワーの真ん中に飛ばされたゴブリンバレルはファイスピで完封できなくなりました。

この調整はオーブンのファイスピにも影響します。

ボンバー

  • 射程(Range):5マス → 4.5マス(-0.5マス)

【使用率】32.6%

爆弾を投げる距離が短くなる弱体化です。

3月(半年前)のバランス調整でリワークが行われ、性能が下がる代わりにコストが3から2に下がりました。今回、低コストの割に役立ちすぎるということで弱体化の対象となりました。

(参考)【クラロワ】2021年3月末のバランス調整まとめ – らくログ

マザーネクロマンサー

  • HP(Hitpoints):560540(-4%)

【使用率】15.2%

体力が減る弱体化です。

敵陣の奥でスケラなどの防衛をしつつ”呪われたホグ”を生みカウンターするマザネクは敵からするとやっかいな存在です。即呪文で処理をしようと思うとファイアボール(ダメージ572)ぐらいしか効果的な手段はありませんでした。

調整後は矢の雨(ダメージ303)+ローリングウッド(ダメージ240)で倒すことができるようになります。・・・という公式からの説明ですが、そもそも敵陣奥にはウッドは届きません。まだまだやっかいな存在であり続けそうな気がします・・・

テスラ

  • 稼働時間(Lifetime):35秒 → 30秒(-5秒)

【使用率】23.7%

建物が建っている時間が短くなる弱体化です。

先述のボムタワー同様、稼働時間が30秒に統一されます。

スポンサーリンク

リワーク

リワークというのは、単にステータスを上下させるという調整ではなく、カードの性質を作り変えるような変更のことを言います。

ダークネクロ

  • 死亡時召喚(Death Spawn):3体 → 0体(-3体)
  • 初回召喚(First Spawn):4秒 → 1秒(-3秒)
  • 召喚速度(Spawn Speed):7秒 → 5秒(-2秒)

【使用率】10.3%

死亡時にコウモリが出なくなる代わりに、最初の召喚が早くなり召喚の間隔も短くなります。

現在の使用率はまあまあ平均的ではあるものの、RoyaleAPIのデータを見ると9/4時点でダークネクロが入った人気デッキ20デッキのうち、19デッキがゴーレムデッキとなっておりデッキの偏りは大きくなっています。

調整後は用途や使われるデッキが変わるような気がします。

ゴブリン

  • 配置間隔(Spawn Distance):以前より間隔が空くようになる

【使用率】0.6%

ゴブリン同士が離れて配置されるようになり、配置時に敵を囲みやすくなります。強化を意図したリワークだと思われます。

最後に

一度に16ものカードがバランス調整されるのは過去最多ではないでしょうか?

内容を見ると、ゴブドリ・ロイジャイといった使用率の高い主軸は弱体化し、使用率の低いロイホグには光を当てるべく強化が入っています。

性能が尖りすぎというかマッチアップによって相手から見て理不尽度が高い時があるエレジャイやファイスピも弱体化されました。

呪文ではファイボ一強という環境でしたがポイズンの強化によりその偏りも緩和されそうです。

建物も使用率の高いテスラとゴブドリが弱体化され、使用率が低いボムタワーや墓石が強化されるので使用率が平均化の方向に行くでしょう。

ロイホグやハンターが強化されたりダクネがリワークされましたが、環境で暴れまわるほど強くなった印象はなく、全体的にカッチリと堅実に調整がされたなーという感想を持ちました。

これからどういう環境になっていくのか、どういうデッキが流行るのか、楽しみにしたいと思います。




以上です!よきクラロワライフを!

クラロワ関連リンク



※このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました