【プロスピA】「必勝アリーナ」の概要と進め方

プロスピAで10/9(火)からイベント「必勝アリーナ」が始まりました。

何度も開催されているイベントですが、イベントの概要や進め方を備忘録として書いておきます。

【注意】個人的に効率がいいと思う方法を書いていますので、当てはまらない人がいたり、情報が間違っている場合もあります。ご容赦ください。

目次

開催期間

2018/10/9(火)15:00 ~ 10/15(月)14:59

イベント概要

通常スタミナを使用し、イベント専用試合を行う
・試合の結果で必勝ptを獲得
・必勝ptの累計ランキング報酬がもらえる

報酬(累計)

必勝ptの累計で報酬がもらえます。
イベント限定(期間限定)の契約書(今回はアニバーサリー契約書)を抜粋します。

100万pt:Aランク アニバーサリー契約書(第1弾)
200万pt:Aランク アニバーサリー契約書(第1弾)
700万pt:Aランク アニバーサリー契約書(第1弾)
1000万pt:Aランク 自チームアニバーサリー契約書(第1弾)
2000万pt:Sランク確率10% アニバーサリー契約書(第1弾)
3000万ptSランク アニバーサリー契約書(第1弾)【累計カンスト】

報酬(ランキング)

ランキング上位を狙う際、主な順位の目安は次のようになると思います。

3000位以内でSランク アニバーサリー契約書(第1弾)がもらえます。
1000位以内Sランク 自チームアニバーサリー契約書(第1弾)がもらえます。

目標

今回個人的には、累計3000万ptSランク アニバーサリー契約書(第1弾)を取る事を目標にしたいと思います。

勝利ボーナス

試合に勝利することで次の試合で獲得できる必勝ptがUPします。

勝利ボーナスの効果は試合後30分間継続します。

その間に試合をして勝利するとボーナスがUPしていき、最大で150%までUPします。

対戦相手

必勝ptを獲得していくと自身のランクが上がっていき、対戦相手のランクも上がっていきます。
高ランクの相手に勝利すると、より多くの必勝ptを獲得できます。

また、特別な対戦相手「黄龍」が登場することがあり、勝利すれば大量の必勝ptを獲得できます。

宝玉と黄龍 極

宝玉付きの相手に勝利すると宝玉を獲得できます。
宝玉を4つ集めると黄龍 極が出現します。

黄龍 極に勝利すると勝利ボーナスが一気に150%になります。

黄龍 極に勝利した後は15時のリセットがくるまで、宝玉は出現しません。

必勝祈願のお守り

必勝祈願のお守りを使用して試合をすると獲得する必勝ptが2倍になります。

進め方

1試合に獲得できる必勝ptは次のようになります。

対戦相手pt + 活躍報酬) × 必勝ボーナス(最大150%) × 必勝祈願のお守り(2倍)

必勝祈願のお守りの効果は大きいので、使用するのは対戦相手が朱雀か黄龍必勝ボーナスが150%の時にしましょう。

また、試合は自操作でやると活躍報酬も上乗せになるので、できるだけ自操作でやります。

必勝ボーナスを150%まで上げることが必要になりますが、それには下記のようなコツがあります。

1. 勝ち続ける

勝たないと必勝ボーナスは上がらない(負けると下がる)ので、安定して勝てる相手を選んで試合をしましょう。
一覧には強い(スピリッツの高い)相手も表示されるので、時には対戦相手更新を行い、確実に勝てる相手を選びましょう。

2. 黄龍 極を利用する

黄龍 極に勝利すると勝利ボーナスが0%からでも一気に150%に上がります。
宝玉を4つ集めて黄龍 極を発生させた状態でスタミナが100貯まるのを待ち、黄龍 極に勝利して150%状態を有効活用する方法もあります。

黄龍 極に勝利すると特別な報酬ももらえるので、毎日(15時区切り)勝利するようにしましょう。

3. ボーナス継続時間を利用

勝利ボーナスは30分続くことを利用し、30分が終わるぎりぎりで次の試合を行い、できるだけ自然回復のスタミナでボーナス継続を切らさずに試合をする方法もあります。
これはゲームに付きっ切りになれる時でないとできませんね。

最後に

前回までの必勝アリーナと比べて、活躍報酬から必勝祈願のお守りがもらえなくなった(気がする)ので、もしかしたらお守りの使い所はもう少し厳選したほうがいいのかもしれません。
【2018/10/14追記】活躍報酬からも必勝祈願のお守りがもらえる場合がある事を確認しています。ただ、前と比べてもらえる確率が減っているような気がします…。


以上です!よきプロスピAライフを!

・当ブログのプロスピA記事
プロスピA データ集・・・全Sランク選手を掲載しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする