【プロスピA】「プロスピパーク」の概要と進め方

2018年10月開催分
2018/10/2(火)15:00 ~ 10/9(火)14:59
バントチャレンジ版
報酬:累計120万ptSランク契約書


2018年8月開催分
2018/8/9(木)15:00 ~ 8/16(木)14:59
スチールチャレンジ版
報酬:フランチャイズプレイヤー(覚醒Sランク選手)


2018年6月開催分
2018/6/5(火)15:00 ~ 6/12(火)14:59
バントチャレンジ版
報酬:期待の若手(覚醒Sランク選手)


2018年5月開催分
2018/5/11(金)15:00 ~ 5/18(金) 14:59
スチールチャレンジ版
報酬:新戦力(覚醒Sランク選手)


※ここから下は2018年3月開催分の情報です。

プロスピAで3/13(火)からイベント「プロスピパーク」が始まりました。

何度も開催されているイベントですが、イベントの概要や進め方を備忘録として書いておきます。

【注意】個人的に効率がいいと思う方法を書いていますので、当てはまらない人がいたり、情報が間違っている場合もあります。ご容赦ください。

目次

開催期間

2018/3/13(火)15:00 ~ 3/20(火)13:59

イベント概要

Vロードの試合後にチャレンジが発生します。

チャレンジのランクはC~Sランクまでありますが、難易度が高いVロードの試合ほど、ランクの高いチャレンジが発生しやすいです。

チャレンジには、バッティングチャレンジ、ストライクピッチチャレンジ、バントチャレンジがあり、1時間に1つ回復するパークコストを消費してチャレンジに挑戦します。

チャレンジごとにスコアノルマが定められていて、ノルマを達成するとより多くのパークptが獲得できます。
また、チャレンジのランクが高い方が、クリアした際により多くのパークptが獲得できます。

※別のプロスピパークの開催時、バントチャレンジの代わりにスチール(盗塁)チャレンジになる時もあります。

累計報酬

獲得したパークptの累計により報酬がもらえます。
今回の場合、1,300,000pt達成でもらえる、SランクOB契約書(外国人OB/OB第1・2弾)が一番の目玉です。

選抜メンバー

チャレンジの種類ごとに使用する選手を5名選びます。
選ばれた選手がローテーションで使用されます。

進め方の基本

報酬が累計報酬のみなので、ポイントはシンプルに「それぞれのチャレンジでなるべく多くパークptを稼ぐ」ことになります。

バッティングチャレンジ

ピッチャーが投げる球を打ってスコアを稼ぎます。
最大10球投げられますが、5球以内や7球以内にスコアノルマを達成するとボーナスptが入ります。

ポイント

ヒットを打たないとスコアが入らず、空振りやファールでも1球とカウントされてしまうので、私はゾーン打ちでやっています(後述の強敵時含む)。

使用選手

ゾーン打ちでヒットを打ちやすい選手は、これは全然確証は無いのですが、私は、弾道がラインドライブか中弾道でパワーが高い選手を選ぶようにしています。

ストライクピッチチャレンジ

投げた球を的(マト)に当ててスコアを稼ぎます。
最大10球投げられますが、5球以内や7球以内にスコアノルマを達成するとボーナスptが入ります。
ピッチャーのランクが高いほどスコアにボーナスが付きます(Sランクで20%、Aランクで10%)。
指定されたスコアボーナス球種で投げるとスコアが50%アップします。

ポイント

200点のパネルには必ず当てます。
ドクロパネルに当てると入るスコアが大幅に減るので絶対に当てないようにします。

使用選手

スコアボーナス球種が出やすいので球種が多い投手のほうが有利となります。
また、制球が高い投手のほうが狙った所に行きやすいので有利となります。

(参考)プロスピAデータ集で制球が高い順に見る(2017S2)
一覧の「球種ランク」の文字(例:ABBCCDDD)が多いほど球種が多いという事になります。

狙う所

下の画像が一例です。
多少コントロールがブレても200点に当たる位置で、運が良ければ4枚抜きもできる位置です。

変化球の場合、変化の度合いを考えて狙わないといけないので実際はもう少し200点パネルの中心寄りを狙う事になると思います。
また、コントロールが良い投手ほどブレが少ないので「4枚の中心」近くを狙うことができるという事ですね。

バントチャレンジ

ピッチャーが投げる球をバントしてスコアを稼ぎます。
必ず5球投げられ、ノルマスコアを超えた分はボーナスptとして加算されます。

使用選手・ポイント

はっきり言ってよくわかりません。
バント練習」ボタンから練習ができるので、バットに当てる位置と転がり具合を確かめましょう。

スチールチャレンジ

スチールは盗塁をしてスコアを稼ぎます。
5回チャンスがありますが、1回目と2回目はゲージが表示されます。

使用選手

走力が高い選手を使いましょう。走力が同じくらいなら「盗塁(◎)」の特殊能力が付いている選手を使うといいと思います。

スコア

スタート判定 獲得スコア 盗塁成功ボーナス
GREAT 4pt 4pt
GOOD 3pt 3pt
NICE 2pt 2pt?
NORMAL 1pt 1pt?

■牽制時
帰塁成功:8pt
牽制死:0pt

ポイント

1回目と2回目、ゲージが表示される時はゲージを見ながら投手も目に入れておきましょう。
ゲージがGreatゾーンに入ったらすぐスタートを切っていいのですが、たまに投手が牽制するのでそれだけは注意します。

3回目以降は、投手を見てスタートを切ります。
もちろん牽制もしてくるので進塁帰塁もどちらも押せる状態で待たないといけません。

1回あたり3球(3ストライク)の余裕があるので、わざと何球か盗塁せず投手の投球モーションを見て、スタートのタイミングを計るのもいいかもしれません。

牽制で刺されてアウトになるとスコアが入りませんが、走って2塁でアウトになればスタート判定の分のスコアは入ります。牽制死だけはされないように注意しましょう。

強敵

チャレンジ成功時、強敵が登場することがあります。
強敵はリアルスピードで投げてくる投手を打つバッティングチャレンジです。
強敵からスコアを稼ぐと大量のパークptを獲得できます。

まとめ

難易度が高いVロードを周る → 高ランクのチャレンジ発生
強敵が出たら必ず挑戦 → 高pt & スクラッチチャンス
・チャレンジではがんばってptを稼ぐ
パークコストの自然回復分だけで累計報酬を取れるペースなら良いが、足りないペースならエナジーでパークコストを回復しながら進める。


以上です!よきプロスピAライフを!

🔍プロスピAの関連記事
プロスピA データ集・・・全Sランク選手を掲載しています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)




レクタングル広告(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする