ユーザー=クリエイター。Supercell Makeについて調べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きっかけ

今日(11/19)、ブロスタの公式アカウントがツイートをしました。

その動画にはウサギのかぶりものなど、色々な格好をしたボウが登場します。

そして「MAKE」という始めて見るロゴ。

Supercell Makeとは

今回発表されたモノはSupercell Makeという名称のようです。

make.supercell.comというのがSupercell Makeの公式サイトのようなので、見てみました。

【注意】これ以降、英語の日本語訳をしていますが、適当&意訳なので間違いが多々あると思って見て下さい。

 

Aboutのページを見てみます。

 

This is Supercell Make(Supercell Makeとは)には、

A place to create, share, and vote on community-made content for Brawl Stars for a chance to be added to the game!

ブロスタのコミュニティ製コンテンツを作成・共有・投票すると、それがゲームに追加されるチャンスがある。

というような事が書かれているのではないかと思います。

 

Why Supercell Make?(どうしてSupercell Makeができたか)には、

今までスーパーセルのユーザーはめっちゃ熱心に作品(スキンとか)を作ってくれてて、一部はゲームに取り入れられた。
でも、もっと簡単に作品を共有できるようにして、一緒にゲームを素晴らしいものにしようと思ったんだ。

というような事が書かれているのではないかと思います。

 

What’s to come(これから)には、

Makeでは最初にブロスタのスキンをアップできるようにしました。
でもMakeが盛り上がっていけばこの先何が起こるか・・・分からないよ?

というような事が書かれているのではないかと思います。

作品を見る

Explorerでみんながアップした作品を見ることができます。

現在行われているCampaigns(募集)はTHE BO-NANZAというボウのスキンの募集のみのようです。

 

試しに「Bunny Bo」を見てみます。

作者名とスキンのイメージを見ることができます。

 


下の方で共有投票ができるようになっています。

投票には「Supercell ID」でのログインが必要なようです。

 

更に、3Dビューでグリグリと動かしてあらゆる角度から作品を見ることができます。

最後に

日頃、Twitter上で色んな人のブロスタ関連のすばらしい作品(お絵かき等)を見ているので、知っている人の作品がゲームに採用されないかなーと勝手に期待してしまいます☺️

また、動画内にベビドラとクラロワのキングが登場しているので、将来、ブロスタ以外のSupercellゲームへの発展も期待したいなーと思います。

 

今回は概要を見ていきましたが、作品を作ってアップする作成編も、技術と時間と要望があれば書くかもしれません😰

 
 

以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました