【クラロワ】カード使用率・人気デッキ統計(2021年9月シーズン)

クラロワ

クラロワ(クラッシュ・ロワイヤル)で今強いカード強いデッキを調べるシリーズ。今回は10/4(月)にシーズンを終える2021年9月シーズンの情報です。

スポンサーリンク

調査方法

調査方法は従来どおり、クラロワAPIを使用してグローバルランキングTop1000のプレイヤーの使用デッキを調査しました。マルチで使用し勝利したデッキの中から最多トロフィーを獲得したデッキを1プレイヤー1デッキ採用しています。

使用率や人気順は、過去(約1ヶ月前)のデータと比較しています。

調査データ

調査日:9/27(月)
デッキ検索範囲:9/6(月)以降(今シーズンに入ってからのバトル)

比較データ

調査日:8/24(火)
デッキ検索範囲:8/2(月)以降

比較データは下記記事で取り上げたものと同じです。

バランス調整

今シーズンが始まった9/6(月)にバランス調整が行われ、16ものカードに調整が入りました。

9/14(火)には速報版としてバランス調整後の調査をしました(下記記事)が、今回は再度バランス調整前の環境との比較を載せています。

カード

カテゴリ別にカードの使用率を見ていきます。

※数字(%)は調べたデッキのうち、そのカードが入ったデッキの割合を表しています。

主軸

相手タワーへのダメージ源となるカードは主軸カードやキーカードなどと呼ばれます。主軸カードにコスト7以上のカードを含めたカード一覧は次のようになります。

黒字の%が今回調査した使用率です。その下のの%が前回(先月)からの変動です。


弱体化を受けたゴブリンドリルロイヤルジャイアントエレクトロジャイアントの使用率が下がっています。

一方、強化されたロイヤルホグなどの使用率が上がっています。

呪文

続いて呪文カードです。

最も変動があったのはローリングウッド。枯渇デッキの増加のためか使用率が大きく上がりました。

強化されたポイズンの使用率アップは小幅に留まっており、速報版では39.7%まで使用率を落としていたファイアボールの使用率が50%近くまで戻しています。

同じく強化された巨大雪玉は5.8%アップ。

建物

続いて建物カードです。

弱体化されたゴブリンドリルは大きく使用率を落としました。

弱体化されたテスラは速報版では7.5%まで使用率を落としましたが少し戻しています。

ゴブリンの檻や強化されたボムタワーの使用率が上がっています。

ユニット

最後に全ユニットの使用率です。

ゴブドリ対策として広く使われていたダークプリンスボンバーの使用率が大きく落ちました。

弱体化されたファイアスピリットやリワークされたダークネクロの使用率も落ちています。

ホバリング砲60式ムート、強化された盾の戦士ハンターなども使用率を少し上げています。

スポンサーリンク

デッキ

各デッキについて独自のポイント(*)を計算し、その高い順から50デッキ載せます。

(*)独自のポイントは使用人数が多いほど、またそれぞれのプレイヤーがそのデッキで到達したトロフィーが高いほど多くなるように計算しています。目安ですが500位ぐらいの10人のプレイヤーが使用するデッキのポイントは60ptとなります。

1~10位

rank(順位)とpoint(デッキポイント)には前回からの比較を載せています。▲▲は前回は(Top1000では)使用するプレイヤーがいなかった事を意味します。


1位はゴブリンの檻やマザーネクロマンサーが入ったロイホグデッキです。これは速報版でも見られなかったデッキで、まさに今流行りのデッキと言えるでしょう。

2位にはロイジャイデッキが入りました。ロイジャイはいつの世も強いですね。

8位にはマジックアーチャーが入ったロイホグデッキが入っています。

11~20位

ここには2種類の枯渇デッキが現れます。

見習い親衛隊型のロイホグデッキも現れ、これで上位20デッキ中6デッキがロイホグ入りのデッキとなります。

21~30位

ここではゴーレムラヴァハウンドのデッキが初登場します。

31~40位

ここではエレクトロジャイアントスケルトンラッシュのデッキが初登場します。

41~50位

ここではゴブジャイアントのデッキが初登場します。


三銃士(30.1pt)や巨大スケルトン(16.5pt)、ゴブリンドリル(15.2pt)などが入ったデッキはランク外となりました。

最後に

バランス調整の直後はその影響が強く出ましたが、しばらく時間が経つと使用率が少し戻る傾向が見られました。

ロイジャイはまだまだ使われますし、ファイボもやっぱり強く、テスラも良く使われます。強化されたロイホグやハンターと組み合わせて使われることが多い三銃士ですが現時点では使用率は伸びていません。

今年のクラロワリーグの世界一決定戦は12/3(金)~5(日)に行われることが発表され、これは現在の環境で行われる可能性が高いです。これからどういうデッキが主流になっていくのか注視していきたいと思います。




以上です!よきクラロワライフを!

クラロワ関連リンク



※このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました