【クラロワリーグ】ラウンド6(6~7月)結果まとめ

クラロワ

クラロワの公式eスポーツ大会であるクラロワリーグ

昨日、2021年シーズンのラウンド6が終わりました。全部で8つのラウンドがある中の6つが終わったことになります。本記事ではこのラウンド6についての結果をまとめてみたいと思います。

先月のラウンド5についてはこちら。過去の結果まとめについてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

はじめに

2021年のクラロワリーグは月単位ラウンドという形で大会が開かれます。ラウンドの中身は次の図のようになります。

本記事ではラウンドのそれぞれのイベントについて結果を書いていきます。

クラロワリーグ全体についての詳細は下記記事に詳しく書いたので参考にしてください。

情報源

選手情報や試合結果など、クラロワリーグに関する情報はRoyaleAPIのサイトが詳しいです。
👉on.royaleapi.com/crl

特にLeaderboard(ポイントランキング)は選手の細かな情報も分かりやすい一覧になっていてオススメです。

また、今年のクラロワリーグは、全般的にBattlefyというサイト上で、試合の管理や実行が行われています。
👉Clash Royale League 2021 esports tournaments | Battlefy

上記リンクから各ステージの試合結果等を見ることができます。

本記事ではこれらのサイトの情報などをまとめます。

トロフィーレース

【期間】6/7(月)~7/5(月)

トロフィーレースの期間はゲーム内のシーズンの期間です。シーズン終了時のグローバルランキング1000位以内(*)のプレイヤーが次のマンスリー予選に参加する資格を得ます。

(*)1000位を超えていても1000位と同じトロフィーのプレイヤーは含まれます。

約1000人の中から把握されているサブ垢を除いたプレイヤーを国別に集計したものをRoyaleAPIが下記のように出しています。

(RoyaleAPI Newsのツイートより。ツイートスレッドに一覧の続きあり。)

先月と比べると今月は中国の選手が26人から47人に増えているのが目立つ点でしょうか。

相変わらず日本のプレイヤーが最も多い事が分かります。

マンスリー予選 Day1

【日時】7/10(土)・・・各タイムスロット別に実施

トロフィーレースで1000位以内に入ったプレイヤーは自らマンスリー予選エントリーする必要があります。この時点で年齢制限がかかり16歳以上である必要があります。

マンスリー予選のDay1は実施時間別にタイムスロットと呼ばれる4つのブロックに分かれています。タイムスロットは日本時間で17:0021:0025:00(翌日1:00)、29:00(翌日5:00)の4つです。

Day1はスイス式と呼ばれる方式で戦いが行われ、各選手は11試合ずつ試合を行います。各タイムスロットの上位8名がDay2に進みます。

下記が各タイムスロット上位8名の通過者です。数字は勝敗です。

(注意)ルールの変更があり、今月からこのDay1のタイブレイカー(勝敗が並んだ時の順位の決め方)が変更になりました。以前はOW%(対戦相手の勝率)のみで決めていましたが、今月からはOW%とW%(自分のゲーム勝率)の平均で決めるようになりました。Battlefyサイトの順位表はまだこのタイブレイカーに対応しておらず正しい順位になっていない可能性があります。本記事の順位は正しいものを記載しています。


タイムスロット1

⚔️Battlefyページ

  1. KK19212 (10-1)
  2. 最強 l ぐりこ(Guriko) (10-1)
  3. Sado (9-2)
  4. Line (8-3)
  5. EA AgonyKing (8-3)
  6. CHN 丨Faust (8-3)
  7. Betfas X-Bow (8-3)
  8. CHN 丨Lapkens (8-3)

タイムスロット2

⚔️Battlefyページ

  1. SK Morten (10-1)
  2. BIG Reichert (9-2)
  3. Over かずと(Kazuto) (9-2)
  4. HASIEL~19 (9-2)
  5. LA Hugo CR v2 (8-3)
  6. 最強 l むぎ(Mugi) (8-3)
  7. osama (8-3)
  8. OS MAU (8-3)

タイムスロット3

⚔️Battlefyページ

  1. RH | Z (9-2)
  2. Mohamed Light (9-2)
  3. MIRACLE
  4. Samuel Bassotto (9-2)
  5. Viiper (9-2)
  6. Wil (8-3)
  7. ENM BlackPearl (8-3)
  8. TRB Wallace (8-3)

タイムスロット4

⚔️Battlefyページ

  1. paiN Lucas (10-1)
  2. airsurfer (9-2)
  3. Higher (9-2)
  4. TRB Miniminter (9-2)
  5. Boozer ǀ リビア (9-2)
  6. hashirama さは
  7. JJAS (8-3)
  8. GençAslan (8-3)

参加者数

各タイムスロットで実際に試合を行った選手の数を表にしました。

TS1TS2TS3TS4合計
参加者(完走)92797977327
途中脱落49543855196
合計141133117132523
完走率65.2%59.4%67.5%58.3%62.5%

先月と比べると、タイムスロット4の完走率が72.9%から58.3%と大きく下がっていました。

マンスリー予選 Day2

【日時】7/11(日)22:00(日本時間)

マンスリー予選のDay2はDay1の翌日に実施されます。

32人の選手が4人ずつ8グループに再編成され、ダブルラウンドロビン形式(総当り2回)で戦います。グループ1位の選手がマンスリー決勝に進みます。

同じ勝敗の場合、直接対決の成績・ゲーム勝率の順に見ていき、順位を決めます。

⚔️Battlefyページ

下記が各グループの成績です。赤字が通過者です。


グループA

プレイヤー勝敗
Viiper5-1
TRB Miniminter3-3
KK192123-3
osama1-5

グループB

プレイヤー勝敗
Samuel Bassotto5-1
SK Morten4-2
Betfas X-Bow2-4
Boozer ǀ リビア (Son Goku)1-5

グループC

プレイヤー勝敗
EA AgonyKing4-2
RH | Z4-2
HASIEL~194-2
JJAS (Jason)0-6

グループD

プレイヤー勝敗
paiN Lucas5-1
ENM BlackPearl (Lukas)3-3
Line2-4
LA Hugo CR v22-4

グループE

プレイヤー勝敗
OS MAU (Mini Mau)4-2
Higher3-3
最強 l ぐりこ (Guriko)3-3
Wil2-4

グループF

プレイヤー勝敗
BIG Reichert5-1
hashirama さは4-2
CHN 丨Lapkens (LaPoKaTi)2-4
MIRACLE (Red Gusta)1-5

グループG

プレイヤー勝敗
Mohamed Light5-1
Over かずと (Kazuto)4-2
CHN 丨Faust2-4
GençAslan (Kadir)1-5

グループH

プレイヤー勝敗
Sado5-1
最強 l むぎ (Mugi)3-3
airsurfer2-4
TRB Wallace2-4
スポンサーリンク

マンスリー決勝

【日時】7/17(土)18(日)23:00(日本時間)

マンスリー決勝は2日間行われ、マンスリー予選を通過した8名が戦います。

対戦形式はダブルエリミネーション形式(敗者復活あり)のトーナメントです。

⚔️Battlefyページ

放送

下記が日本語放送のリンクです(YouTubeアーカイブ)。

  • Day1 実況:海老江 邦敬 、解説:いけだつばさ
  • Day2 実況:岸大河 、解説:ライキジョーンズ

結果

最終的なトーナメント図を下記画像にまとめました

優勝はブラジルのLucas選手。先月に引き続き2連覇となりました。

準優勝はボリビアのMini Mau選手。過去の5ラウンドでベスト32に入ったことのないMini Mau選手でしたが、相手の予想できないようなデッキを駆使しMohamed Light選手などの強豪を撃破。決勝でも一回はLucas選手に勝利しましたが、Winnersのアドバンテージを持つLucas選手に最終戦は敗れました。

賞金・ポイント

マンスリー決勝に出場した選手は順位に応じて下記の賞金を獲得しました。

(画像はマンスリー決勝放送より)

1位は2万ドルで約200万円となります。

ちなみに実際はマンスリー予選のDay2に進んだ段階(ベスト32)から賞金を獲得します。17位~32位で1000ドル(約10万円)獲得します。

また、マンスリー決勝の結果に応じて、下記のようにポイントを獲得しました。

ポイントランキング

2021年シーズンの最後に行われる世界一決定戦への出場を決めるためのポイントランキングです。

ラウンド6終了時のポイント累計ランキングの上位は下記のようになっています。

(画像はRoyaleAPI Newsのツイートより)
(画像はRoyaleAPI Newsのツイートより)

全8ラウンドを終えた時点のポイントランキングの上位24人が直接世界一決定戦への切符を手に入れます。現在トップ24の中にいる日本人は、KKPandoraMugi(むぎ)YUYAの4名となっています。

25~56位の選手はラストチャンス予選という戦いを行い、その中の8名が追加で世界一決定戦に出場します。現在この範囲にいる日本人選手は、HajimeGuriko(ぐりこ)Taa(たぁ)RADKazutoon(Over かずと)の5名となっています。

振り返り放送・動画

「CRL PLAYBACK」という今月のクラロワリーグを振り返る公式番組が放送される月があります。

本記事執筆時点では、今月のラウンドの振り返り放送の予定は発表されていません。

最後に

少し前にRoyaleAPIの中の人であるAlpe123さんが、24位ラインと56位ラインの推移をツイートしていました。

これによると最終的なラインの予想は24位が510pt、56位が380ptとのことでした。

この事から現在510ptのKK選手(9位)やSandBox選手(10位)より上の順位の人は、世界一決定戦への出場が当確になったといってもいいぐらい状況になったと言えます。

また、現在24位以内(375pt以上)にいる選手は最終的に56位以内に入れる可能性も高いと言えます。

残り2ラウンド、全くポイントを稼げないという事も無いわけではないので、選手たちはまだまだ気は抜けませんが、何人かの選手については大分世界への道が見えてきたと言えるでしょう。

57位以下になると世界一決定戦へのチャンスはゼロなので、この56位以内に入る争いも熱いですね🔥




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました