World Cyber Games(WCG) 2022-23 内容まとめ【クラロワ】

クラロワ
     

12/12(月)に国際的なeスポーツの祭典であるWCG 2022-23の開催が発表されました。

本記事では主にこの中のクラッシュ・ロワイヤルクラロワ)部門についての情報をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

公式サイト・情報源

WCG 2022-23(以降「本大会」)に関するリンク集です。

公式サイト

[WCG] BEYOND THE GAME, AGAIN
wcg.lvup.gg

多くの競技はこのサイト上で行われるためWCGプラットフォームとも呼ばれます。

Twitter

World Cyber Games (WCG) @WCG_2023

主に英語でツイートされています。

Discord

discord.gg/WCG

主にプレイヤーが大会運営とやりとりする際などに使われるようです。

YouTube

WCG – World Cyber Games
youtube.com/WorldCyberGamesOfficial

Twitch

試合の配信はこのTwitchや上記のYouTubeなどで行われると思われます。

クラロワ公式

World Cyber Games Rivals!

クラロワeスポーツの公式サイトesports.clashroyale.com内の記事です。WCG Rivalsについて書かれています(英語)。

WCGとは

World Cyber Games(略称WCG)は2001年から始まったグローバル(世界的)なeスポーツの祭典です。

様々な国から選手が参加し、様々なゲームタイトルで競います。

【参照】World Cyber Games – Wikipedia

WCG 2022-23

今回の開催からWCGはリニューアルされました。

これについては12/12(月)に公開されたShowcase(発表)動画で詳しく紹介されています。

下記のプレスリリースも分かりやすいです。

「20年の歴史を持つグローバルeスポーツ大会の帰還」新しく誕生したWCG 2022-23グランドオープン|Bigpicture Interactive Co., Ltd.のプレスリリース – PR TIMES

簡単にまとめると、今回のWCGから、Bigpicture(ビッグピクチャー)という企業が主体となって、WCGプラットフォーム上で(オンラインで)、オープンな(誰でも参加できる)大会をメインとして、様々な大会イベントを展開します、ということになるでしょう。

WCGは当初は韓国のサムスン電子が主体(スポンサー)となっていましたし、今回のBigpictureも韓国のeスポーツ企業です。

期間

2022年は、12/16(金)から3日間、WCG Rivals(後述)が行われます。

2023年は、7月予定のGrand Finalで本大会が締めくくられます。

採用タイトル

本大会で採用されたゲームタイトルは下記の4つのようです。

  • Mobile Legends
    モバイルレジェンド(モバレジェ)
    モバイル
    MOBA
    5v5
  • Hearthstone
    ハースストーン
    PC・モバイル
    デジタルカードゲーム
    1v1
  • Valorant
    ヴァロラント
    PC(Windows)
    FPS(シューティング)
    5v5
  • Clash Royale
    クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)
    モバイル
    リアルタイム対戦ゲーム
    1v1、2v2

WCGとクラロワ

少し歴史を振り返ります。

クラロワはWCGの2019年開催時に採用され、団体戦と個人戦が行われました。

団体戦は「CRL Invitational 2019」という名称でその年のクラロワリーグのシーズン1の各地域(Asia、West、China)の上位チームが結束して戦い、地域No.1を争う戦いとなりました。

【参考】World Cyber Gamesいよいよ開幕!プロリーグ情報をお届けします【7/20追記あり】(クラロワ公式ブログ)

結果はWest地域の優勝となりましたが、所属チームの垣根を超えて結束するアジアの選手たちの様子を見ることができ、楽しく熱く観戦できました。

【参考】[Day 4] WCG 2019 Xi’an Grand Final – Game Sports Stage (最終日の配信アーカイブ)

個人戦の方は、「WCG Grand Finals」という名称で世界中のプレイヤーが競い合い、JuicyJ選手(Twitter)がチャンピオンに輝きました。

WCG公式YouTubeより)

ちなみに、下記が当時書いたブログ記事です。WCGのテーマソングに主眼を置いた記事となっていますが。

スポンサーリンク

WCG 2022-23 クラロワ関連

さて、ここからは今回のWCGのクラロワ関連について見てみようと思います。

クラロワの競技の部分は下記の3つに分けられます。

  • WCG Rivals
  • WCG Tournament
  • WCG Special

WCG Rivals

WCG Rivalsは、プロや元プロ、インフルエンサーといった招待選手によって行われる国と国との対抗戦です。

WCG Rivalsのテーマはざっくり言うと「視聴者が見たい試合を用意したよ!」というものになります。

本大会中に3回(#1~#3)開かれるようですが、現時点では#1のみ内容が明らかになっています。

以下は#1の内容です。

【名称】WCG Rivals #1 KR vs JP (韓国 vs 日本)

【日程】2022/12/17(土) 18:00~

【参加チーム・メンバー】下記画像参照

WCG公式サイトより)

【フォーマット】
詳細は不明ですが、下記のインタビュー動画を参考にすると、2v2と1v1の両方を含むチーム戦で、最終的に1位から4位までチームの順位が付くようです。
GSLダブルエリミネーション形式の可能性が高いかな?と推測します。

【賞金】
賞金総額は$20,000(約270万円)です。ここから1位から4位のチームに分配されると思われます。

(参考) WCG Rivals #01は3タイトル(Valorant, Clash Royale, Hearthstone)で行われ、全て合わせると$70,000(約960万円)の賞金となります。

【選手インタビュー動画】

WCG Tournament

WCG Tournament(WCGトーナメント)と書きましたが、正確に言うとその中のWCG Grand Finalへの道(ROAD TO GRAND FINAL)の部分です。

本大会内で広く熱い戦いとなる部分がここです。

これは4つのフェーズに分かれます。

  1. WCG Open
  2. Open Quailifier
  3. Group Stage
  4. Grand Final

最後のGrand Final以外はオンラインでの戦いとなります。

WCG Open

WCG Openでは8回の大会が開かれます。

【日程】

日程
#011/7(土) 8(日)
#021/21(土) 22(日)
#032/4(土) 5(日)
#042/18(土) 19(日)
#053/4(土) 5(日)
#063/18(土) 19(日)
#074/1(土) 2(日)
#084/15(土) 16(日)
※各日18:00開始

【参加資格】
満14歳以上、など

【フォーマット】
各回はデュエルモードで戦うシングルエリミネーション形式のトーナメントです。

【賞金】
各回、下記の賞金となります。

順位賞金
1位$400
2位$300
3位タイ$200

【GFポイント】
各回、下記のGFポイントとなります。

順位GFポイント
1位50pt
2位30pt
3位タイ10pt

GFポイントの累計ランキングにより、上位8人がGroup Stageに進出します。

Open Qualifier

Open Qualifier(オープン予選)にはWCG Openで上位8人に入ることができなかったプレイヤーのみが参加できます。

【日程】5/13(土) 14(日) 18:00~

【参加資格】
このフェーズから参加資格に「海外旅行可能者」が加わります。

【フォーマット】
デュエルモードで戦うシングルエリミネーション形式のトーナメントです。

【報酬】
上位8人がGroup Stageに進出します。

Group Stage

Group Stageには、ここまで勝ち上がってきた合計16人の選手が参加します。

【日程】6/3(土) 18:00~

【フォーマット】

【報酬】
各グループ上位2人(合計8人)がGrand Finalへ進出

Grand Final

Grand Finalは本大会を締めくくる大会(イベント)であり、オフラインでの実施が予定されています。

【日程】6月か7月を予定

【フォーマット】

  • ダブルエリミネーション
  • 決勝(勝者組/敗者組/最終決勝)を除きBo3
  • 決勝(勝者組/敗者組/最終決勝)はBo5
  • Ban & Pick Duels Mode

【賞金】

順位賞金
1位$13,000(約176万円)
2位$10,000
3位$5,000
4位$2,000

WCG Special

WCG Specialは、少し変わったフォーマットで行われる、楽しむ要素が入った大会です。

【日程】

日程ゲームモード
#011/14(土) 15(日)クラロワダッシュ (BO3)
#022/11(土) 12(日)ドラフトモード (BO3)
#033/11(土) 12(日)サドンデスモード (BO3)
#044/8(土) 9(日)2v2 (BO1)
※各日18:00開始

【賞金】
・個人戦 各回

順位賞金
1位$225
2位$175
3位タイ$125

・チーム戦 各回

順位賞金
1位$600
2位$400
3位タイ$200

競技以外の部分

WCGプラットフォーム内で行われる、競技以外の部分には下記のものがあります。

WCG Challenge(WCGチャレンジ)

ユーザーのゲームデータと連動した多様なミッションをクリアして競うものらしいです。詳細は未発表のようです。

WCG Land

WCGプラットフォーム上のバーチャルオンラインスペースです。スペース内に自分の土地を作りカスタマイズできるらしいです。

[メモ] GSLダブルエリミネーションとは

GSL TournamentのGroup Stageで採用されているのがGSLダブルエリミネーションという方式です。これがどのようなものなのか調べてみました。

【参考】GSL形式とは? | eスポーツの大会形式

4人の順位を付けるケースで考えると、下記のようになると思います。

  1. 最初に2戦(A vs B、C vs D)が行われる
  2. 1の勝者同士が戦い、勝者は1位決定
  3. 1の敗者同士が戦い、敗者は4位決定
  4. 2の敗者と3の勝者が戦い、勝者が2位、敗者が3位

キャンペーン

WCG Rivals #01の日韓戦に絡んでいくつかのキャンペーンが発表されています。

内容はクラロワニュースに書かれているのでここでの説明は省きますが、前述のWCG Landとも連携したキャンペーンもあるようです。

最後に

まずWCG Rivalsで有名選手の試合を行って注目を集め、その後は本筋のGrand Finalに向けた道がスタートする。このやり方は上手いと思いました。

WCG Openは世界中の誰でも参加できるのでどれだけ規模の大きいトーナメント表が出来上がるのかがちょっと心配にはなりますが、8回行った累計ポイントで順位が決まるので、勝ち上がるのは有名な選手ばかりになる可能性が高いのかな?とも思います。

Grand Finalはオフラインで行われる(会場は韓国でしょうか?)ので、日本選手が何人か残るといいなと思います。




以上です!よきクラロワライフを!

クラロワ関連リンク



※このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました