【クラロワリーグ2020】全チーム・選手の戦力分析【East】

スポンサーリンク
ゲーム

クラロワの公式プロリーグであるクラロワリーグ。
今回は今シーズンのクラロワリーグEastに出場する選手の戦力を見てみたいと思います。タイトルには分析と書きましたが基本的には昨シーズンの戦績を数字で振り返ります。

スポンサーリンク

表記について

  • 選手写真の一番右は監督です。
  • 戦績は昨シーズン(2019年Season2)のものです。
  • 中国の選手については公式サイトの情報をもとにしており、戦績はレギュラーシーズン終了時のものです(プレイオフや世界一決定戦は含まれていません)。
  • 中国選手以外は個人的な集計(CRL Pocket)をもとにしており、世界一決定戦までの全ての試合を含んだものです。
  • 数字には間違いがある可能性があります。
  • 2v2と1v1はセットの勝敗、KoTH(King of The Hill/1v1の勝ち抜き戦)はゲームの勝敗の数字です。
  • 昨シーズン(2019年Season2)終了時からの加入と脱退も記します。
  • 今シーズンの試合方式がまだ分からないこともあり、「1v1」に関してのみ個人的感想を書いてみます。
  • 選手名は敬称略とさせていただきます。

チーム

FAV gaming

日本のチームです。
昨シーズンは、レギュラーシーズンがグループBの1位、プレイオフ準優勝、世界一決定戦はベスト4(0勝1敗)という成績でした。

選手2v21v1KoTH
KENTSUMESHI12-3(80%)5-3(63%)
Kitassyan12-3(80%) 0-1(0%)
JACK9-7(56%)5-3(63%)
DANI1-0(100%)2-3(40%)
X-Bow Master2-1(67%)4-5(44%)7-2(78%)
  • [加入]X-Bow Master(OP.GG SPORTSより)
  • [1v1力]エースJACKにX-Bow Masterが加わり強力に。KENTSUMESHIもKoTHで結果を出した。

PONOS

日本のチームです。
昨シーズンは、レギュラーシーズンがグループAの3位、プレイオフは0勝2敗という成績でした。

選手2v21v1KoTH
RAIKIJONES2-4(33%)1-1(50%)2-3(40%)
RAD2-4(33%)1-2(33%)6-2(75%)
TENGOD4-2(67%)1-0(100%)0-2(0%)
KK2-1(67%)1-5(17%)4-4(50%)
Yakitori3-4(43%)0-1(0%)2-1(67%)
  • [脱退]MIKANBOYA、KOTA
  • [加入]KK、Yakitori(ともにGameWithより)
  • [1v1力]RAIKIJONES、RAD、KKあたりが中心となって競い合う形になるか。

Team Timing

韓国チームです。昨シーズンまでのDragonXがチーム名を変更しました。
昨シーズンは、レギュラーシーズンがグループAの2位、プレイオフは0勝2敗という成績でした。
チーム編成は今シーズン大きく変わっています。

選手2v21v1KoTH
Nuri1-1(50%)3-2(60%)
Sado4-7(36%)6-5(55%)
Greed0-2(0%)1-3(25%)
Haruki
  • [脱退]Line、ALPHA、Tru-Fast、July。(Nuriのみ残留)
  • [加入]Sado、Greed(ともにSANDBOX Gamingより)。Haruki(新規加入)
  • [1v1力]経験で言うとSadoが一番手か。新人のHarukiに経験を積ませるという事も考えられる。

Talon

昨シーズンまでの東南アジアチームとしてのTalonとはチーム編成が異なります。今シーズンは韓国チームとしての新チームTalonが生まれたと言っていいでしょう。

選手2v21v1KoTH
One Crown9-6(60%)2-2(50%)
Blizzard4-2(67%)3-1(75%)
Line1-0(100%)7-3(70%)1-3(25%)
Haul
  • [メンバー]One Crown(OGN ENTUSより)。Blizzard(OGN ENTUSより。旧名Dandelion)。Line(DragonXより)。Haul(OGN ENTUSの監督より)
  • [1v1力]Line、Blizzardが一番手二番手といった感じになるか。

KIX Team

東南アジア(マカオ)のチームです。昨シーズンのKIXからチーム名を変更しました。
昨シーズンは、レギュラーシーズンがグループAの首位、プレイオフはベスト4(2勝2敗)という結果でした。

選手2v21v1KoTH
Legend4-3(57%)3-3(50%)1-1(50%)
Onion4-3(57%) 1-2(33%)
BenZer Ridel0-1(0%)6-7(46%)4-1(80%)
JayTV6-7(46%)0-2(0%)
iSlaw7-6(54%)5-4(56%)
  • [脱退]iAmJP、xPedro15。Maluntin(選手から監督に)
  • [加入]BenZer Ridel、JayTV(ともにChaos Theoryより)。iSlaw(SANDBOX Gamingより)
  • [1v1力]昨シーズン1v1専念で一定の結果を出しているBenZer RidelとiSlawが中心となるか。Legendも実力者。

W.EDGM

中国のチームです。
昨シーズンは、レギュラーシーズンが首位、プレイオフが2位、世界一決定戦で準優勝(2勝1敗)という成績でした。

選手2v21v1KoTH
Higher8-2(80%)11-2(85%) 8-1(89%)
SoloMan7-4(64%)6-5(55%)1-3(25%)
Sia0-1(0%)
WanGe1-5(17%)5-5(50%)1-3(25%)
Peas1-1(50%)6-5(55%)1-4(20%)
  • [脱退]Nuomici、Qingfent
  • [加入]WanGe(JDGより)。Peas(Newbeeより)。
  • [1v1力]Higherが圧倒的な勝率を残していて本命。SoloMan、WanGe、Peasも5割前後の成績を残している。

Nova Esports

中国のチームです。
昨シーズンは、レギュラーシーズンが4位、プレイオフで優勝(3勝0敗)、世界一決定戦では0勝1敗という成績でした。

選手2v21v1KoTH
BKing7-5(58%)3-3(50%)3-3(50%)
Little Chen7-3(70%)6-7(46%)1-1(50%)
Lciop2-3(40%)8-7(53%)5-2(71%)
Aurora
  • [脱退]Unstoppable、Whistle
  • [加入]Aurora(新規加入)
  • [1v1力]Lciopが1v1での出場機会が最も多く勝率も高かった。BKing、Little Chenも5割前後の成績を残している。

TTG

中国の新しくできたチームです。

選手2v21v1KoTH
Nuomici2-3(40%)8-5(62%)2-3(40%)
Auk12-2(86%)8-6(57%)7-3(70%)
Xiao.K7-5(58%)7-5(58%)1-1(50%)
D.King0-2(0%)5-7(42%)3-2(60%)
  • [メンバー]Nuomichi(W.EDGMより)。Auk(LGDより)。Xiao.K、D.King(ともにGEN.Gより)
  • [1v1力]Nuomici、Auk、Xiao.Kとも1v1の勝率は5割を越えている。

最後に

3/21(土)から、活躍する選手を予想するファンタジーロワイヤルも始まったので、本記事が参考になればと思います。

2020シーズンのクラロワリーグEastについては下記の記事もご参考にしてください。

クラロワリーグ 関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました