【クラロワリーグ】世界一決定戦 予習まとめ

クラロワ

クラロワの公式eスポーツ大会であるクラロワリーグでは、12/3(金)から5(日)にかけて今年の世界一決定戦が行われます。

本記事ではこの世界一決定戦を見る準備になるような情報をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

日程・配信

【日付】12/3(金)、4(土)、5(日)の3日間

【時間】21:00開始(日本時間)

【配信】次の公式YouTubeチャンネルで配信されると思われます。

ルール関連

今年のクラロワリーグのこれまでの戦いと同様に世界一決定戦もデュエルのBO3で争われます。

また、下記のツイートによって告知されたのは次の内容です。

  • 最新のアップデートで行われる(チャンピオンあり)
  • [ラウンド1] 最初はシングルエリミネーション(敗者復活無し)
  • [ラウンド2] それ以降はダブルエリミネーション(敗者復活あり)

試合数と試合時間

試合のフォーマットを見て試合数を計算してみました。

ラウンド1が16試合、ラウンド2が30試合または31試合行われそうです。

このため、DAY1にラウンド1が、DAY2とDAY3をかけてラウンド2が行われるのではないかと思います。

1試合20分で計算すると、1日に5時間20分ぐらい試合時間がかかる計算になります。

ラウンド1・選手一覧とマッチアップ

32名の出場選手は、ラウンド1となる初戦で1対1の戦いを行い16名に絞られます。

初戦のマッチアップは公式Twitterのツイート等で告知されていますが、筆者が1枚画像にまとめたものが下記になります。

【2021/12/01】公式ブログに掲載された試合順と思われる順に並び替えました。

Twitterリスト

クラロワのeスポーツ公式Twitter(@EsportsRoyaleEN)が出場選手32名のTwitterリストを作成しています。

[Twitterリスト] CRL21 World Finalists

Twitterリストを「フォロー」しておいて試合前後の選手の様子をリアルタイムに見て楽しむのもいいでしょう。

ラウンド2・ダブルエリミネーション

ラウンド1に勝利した16名により、ダブルエリミネーション方式(敗者復活あり)のラウンド2が行われます。

詳細は未発表ですが、上記のマッチアップ図の順番に沿ってトーナメントのシード位置が決まるのではないかと予想されます。

【例】(Mohamed Light vs RAD の勝者)vs (Miniminter vs FurkanArabaci の勝者)

16名によるダブルエリミネーション形式のトーナメントのイメージは下記のようになります。

選手の国・地域

前述のマッチアップ表を見ても分かるように、この世界一決定戦に出場する32名は世界の色んな国から出場します。

筆者が世界地図に当てはめてみました。

ざっくり分けると、アジアに11人、ヨーロッパ・アフリカに11人、アメリカ大陸に10人と非常にバランスよく選手が散らばっていることに気づきます。

今年のクラロワリーグのこれまでのシーズンの戦いが地域別に行われることが無かったにもかかわらず、最後の世界一決定戦でこういう地域の配分になったことには驚きです。

初戦のマッチアップ画像

クラロワのeスポーツ公式Twitter(@EsportsRoyaleEN)がツイートしている初戦のマッチアップの画像を一覧にします。

  • CURRENT SEED:世界一決定戦のシード順
  • HIGHEST PLACEMENT:シーズン中、マンスリーイベントでの最高順位
  • LEADERBOARD POINTS:シーズン中に獲得したポイント

Mohamed Light vs RAD

TRB Miniminter vs FurcakArabaci

SK Morten vs Kodigo

Higher vs Nova Lciop

Viiper vs Hajime

khazardy vs Guriko

Samuel Bassotto vs BobTheRock

KK19212 vs MCES Surg TS

(未投稿)

CMG Lucas vs Hasiel

airsurfer vs Line

TRB Anaban vs Vitor75

Pandora vs Michifu

(未投稿)

TRB SandBox vs MCES Keef

Famouskid vs TRB Wallace

(未投稿)

TQ RUBEN vs Framsito

Mugi vs ReicherT

賞金

世界一決定戦で獲得する賞金は下記のようになります。

順位賞金
1位200,000ドル(約2300万円)
2位100,000ドル(約1100万円)
3、4位70,000ドル(約800万円)
5~8位35,000ドル(約400万円)
9~16位25,000ドル(約290万円)
17~32位15,000ドル(約170万円)

最後に

いよいよクラロワリーグ2021年シーズンの総決算となる世界一決定戦が開催されます。

誰が世界チャンピオンになるのか?ワクワクしながら待ちたいと思います。

関連記事

👇シーズン開始時に書いたクラロワリーグ全般の内容まとめ


👇上位24位に入り世界一決定戦への出場を決めた選手のシーズン中のポイント成績表

これを見るとMohamed Light選手はシーズン中に既に46,000ドル(約520万円)獲得していることなどが分かります。


👇ラストチャンス予選の結果


👇ラストチャンス予選で勝ち世界一決定戦への出場を決めた8名のシーズン中のポイント成績表




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました