【クラロワリーグ2020】トリプルドラフト デッキ記録 Week7 Day1【Eastスペシャルシーズン】

スポンサーリンク
ゲーム

クラロワリーグEastのトリプルドラフトで使われたデッキを記録していくシリーズ。
今回は5/23(土)に行われたWeek7(プレイオフWeek3) Day1の2対戦です。
この日がプレイオフの準決勝決勝となり、本シリーズの最終回となります。

このシリーズについての詳細は下記記事👇をご参照ください。デッキ図の見方も書いています。

スポンサーリンク

放送アーカイブ

この日の対戦は下記の放送アーカイブで見ることができます。

2020 クラロワリーグ イースト スペシャルシーズン 準決勝&決勝 – YouTube

実況は岸大河さん、解説はドズルさんです。

Match1 Legend (KIX Team) vs KENTSUMESHI (FAV gaming)

【結果】Legend 0-2 KENTSUMESHI

Game 1

※ピック順不明のため下図はカードグループ対応のみ取った図となっています

【試合展開】
KENTSUMESHI選手の「主軸」枠はロイヤルホグ。コレに対してLegend選手にはロイホグを対処するカードが薄く、出すたびにタワーダメージを与える事になる。
Legend選手の「主軸」枠はゴブリンバレル。これに対してKENTSUMESHI選手はローリングバーバリアンで対処可能。また、スケルトンバレルにはヒールスピリットでの防衛もできる。
終始KENTSUMESHI選手がペースを握り勝利。

Game 2

※ピック順不明のため下図はカードグループ対応のみ取った図となっています

【試合展開】
Legend選手は序盤からバルーンを飛ばし、守るファルチェやメガゴとタワーを合わせてフリーズ。KENTSUMESHI選手のプリンセスタワーは瀕死となった。
だがそこからKENTSUMESHI選手はそのファルチェの前に橋前ペッカでカウンター。ヒールスピリットの回復効果も使い、Legend選手のプリンセスタワーを折った。
次もLegend選手はバルーンからのフリーズを試みるが、KENTSUMESHI選手はライトニングでバルーンを落とし、フリーズは空振りに終わる。
お互いタワーを1本ずつ折り、延長時間も残り1分となった所、KENTSUMESHI選手は角だしのペッカ。Legend選手が防衛にコストを使った所にホグライダーがタワーに刺さる。
矢の雨フィニッシュでKENTSUMESHI選手の勝利。

Match2 Higher (W.EDGM) vs KENTSUMESHI (FAV gaming)

【結果】Higher 0-2 KENTSUMESHI

Game 1

※ピック順不明のため下図はカードグループ対応のみ取った図となっています

【試合展開】
Higher選手がホグを飛ばすとKENTSUMESHI選手は漁師トリトンでキング起動。ホグに対してはゴブリンの檻での防衛も可能。
KENTSUMESHI選手の「主軸」枠であるロイヤルジャイアントに対してはHigher選手はボムタワーなどで防衛。
Higher選手はアサシンユーノとホグを重ねて出し、KENTSUMESHI選手の地上受けに対してプレッシャーを与えていく。
延長タイム残り2分頃、KENTSUMESHI選手のメガガーゴイルに当てたHigher選手のベビードラゴンに当てたインフェルノドラゴンがHigher選手の陣営に入り込み、タワーに大きなダメージを与えた。
その後ロイジャイとポイズンのダメージでタワーを折り、KENTSUMESHI選手の勝利。

Game 2

【試合展開】
KENTSUMESHI選手のホグライダーにはインフェルノタワー、Higher選手のゴブジャイアントにはボムタワーと、両者は「対大型」枠で建物を選択。
Higher選手はゴブジャイの後ろにダークネクロやダークプリンスを付け、いい形で攻めようとするが、KENTSUMESHI選手はガーゴイルの群れで空から一網打尽にすることができた。
KENTSUMESHI選手はホグを通したダメージによるタワーダメージ差を守りきり、タイブレイカーにより勝利。

最後に

これでクラロワリーグEastスペシャルシーズンのトリプルドラフトデッキ記録シリーズはおしまいとなります。

5/30(土)から始まるWestのシーズン1にあたるスプリングシーズンはトリプルドラフトではなく2v2の採用となっていて、もしかしたら今回がクラロワリーグでトリプルドラフトが採用された最初で最後のシーズンになる可能性もあると思います。一応トリプルドラフトの全試合をまとめることができたので満足しています。

個人的にトリプルドラフトに注目して良かったと感じたことは、クラン対戦(の本戦)で前より勝てるようになった(気がする)ことです。トリプルドラフトと同じカードに制限がある中、主軸、対空2枚、呪文2つでデッキの骨格を決め、その他のカードで肉付けをする感覚が自然と身についたのかもしれません。

8月9月あたりから始まるのではないか?と予想されるEastのシーズン2も、どのようなゲームモードで戦われ、どういう戦いが繰り広げられるか注目したいと思います。

リンク

ここまでこの日のトリプルドラフトのデッキを見てきました。
他の試合を見るには、下記リンクをご利用ください。

レギュラーシーズン

プレイオフ




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました