【クラロワリーグ2020】トリプルドラフト デッキ記録 Week6 Day1【Eastスペシャルシーズン】

スポンサーリンク
ゲーム

クラロワリーグEastのトリプルドラフトで使われたデッキを記録していくシリーズ。
今回は5/16(土)に行われたWeek6(プレイオフWeek2) Day1の2対戦です。

このシリーズについての詳細は下記記事👇をご参照ください。デッキ図の見方も書いています。

スポンサーリンク

放送アーカイブ

この日の対戦は下記の放送アーカイブで見ることができます。

2020 クラロワリーグ イースト スペシャルシーズン プレイオフ Day3 – YouTube

実況は中島一仁さん、解説はいけだつばささんです。

Match1 KENTSUMESHI (FAV gaming) vs Line (Talon)

【結果】KENTSUMESHI 0-2 Line

Game 1

【試合展開】
Line選手の「主軸」枠はホグライダー。
一方KENTSUMESHI選手の「主軸」枠はゴーレム。序盤からゴーレム&ダークネクロのいい形を組んで攻めていく。
ゴーレムに対してLine選手はバーバリアンでの防衛が光る。それに対しKENTSUMESHI選手もロケットで消すシーンもあった。
Line選手は相手がゴーレムを出したタイミングでホグやムートの攻撃を刺す攻撃パターン。
僅差の勝負となったがLine選手の勝利。

【ピック】
ホグに対するゴブリンの檻に対するアースクエイク。
吹き矢ゴブリンに対する矢の雨。
ゴーレムに対するバーバリアンに対するロケット。
などの対抗ピックがあったか。
KENTSUMESHI選手の「大型呪文」枠の選択肢にファイアボールやポイズンが現れなかった可能性も考えられる。
Line選手は平均コストが3.5だったのに対しKENTSUMESHI選手は4.5と重めの編成。
KENTSUMESHI選手のインフェルノドラゴンがやや腐った(使い所が無かった)か。

Game 2

【試合展開】
Line選手の「主軸」枠は再びホグライダー。KENTSUMESHI選手には建物などがなくノーダメージで抑えるのが難しい。
KENTSUMESHI選手の「主軸」枠はゴブリンバレル。それに対してLine選手は矢の雨が有効。
終盤KENTSUMESHI選手はゴブリンバレル&ファイアボールの攻撃を見せたが届かず、タイブレイカーによりLine選手の勝利。

【ピック】
「主軸」が7番目、「対大型」が1番目、「小型呪文」が3番目と対抗ピックしづらいパターンになったか。
Line選手は自らが矢の雨をピックしているため、相手の小型呪文で消されない盾の戦士をピック。
KENTSUMESHI選手は先にゴブリンをピックしたため枯渇要素を狙ってのゴブリンバレル選択だった可能性あり。

Match2 D.King (TTG) vs TENGOD (PONOS)

【結果】D.King 0-2 TENGOD

Game 1

【試合展開】
TENGOD選手の「主軸」枠はゴーレム。単独で出すとインフェルノドラゴンに焼かれてしまい、相手にはバーバリアンもある。
D.King選手の「主軸」枠はメガナイト。それに対しTENGOD選手はバトルヒーラーなどで自陣で受けて防衛。
終盤ダークプリンスにTENGOD選手がバトルヒーラーを割いたのをタイミングでD.King選手はメガナイトを出しタワーに大きくダメージを入れる。
TENGOD選手はランバージャックのレイジに乗る形でゴーレムが攻め入る。D.King選手はインドラ・ダクプリ・バーバリアンで守るが、TENGOD選手はそこまで出していなかったライトニングを放ち、矢の雨も合わせて一気にタワーを折った。

【ピック】
最初が「主軸」枠で、その後のピックはお互い主軸を防ぐことを頭に入れたピックとなった。
大型呪文で自身がファイアボールを選んだあとのバーバリアン選択。
小型呪文で自身が矢の雨を選んだあとのロケット砲士選択。
これらは相手に処理されにくいカードのピック。
インドラ←マスケ、スケルトンバレル←ファイアスピリッツは相手側に勝てる(対応できる)ピックと言える。

Game 2

【試合展開】
序盤D.King選手はホバリング砲と「主軸」ラムライダーの攻撃をタワーに入れ、リードを奪った。
TENGOD選手は「主軸」枠のラヴァハウンドで攻撃する。それを防衛するエレクトロウィザードなどとタワーを巻き込んでTENGOD選手はロケットを放つ。
D.King選手もラムライダーを守るユニットとタワーにライトニングを放ちダメージを重ねる。
ラヴァの本体攻撃のダメージも積み重なり、最後はロケットでフィニッシュ。TENGOD選手の勝利。
TENGOD選手は放った5発のロケットのうち4発をタワーに入れ、合計1728(432×4)のタワーダメージを稼いだ。

【ピック】
スパーキーに対するロケット選択や、盾が有効なダークプリンス選択。
「対大型」バーバリアンを外すラヴァハウンド選択。
ダークプリンスの突進をキャンセルできるエレクトロウィザード。
「大型呪文」(ロケット選択)で処理されない、もしくはエリアドを取れるホバリング砲選択。
「小型呪文」(ザップ選択)で処理されない吹き矢ゴブリン選択。
これらのピックに関連性が見えた。

リンク

ここまでこの日のトリプルドラフトのデッキを見てきました。
他の試合を見るには、下記リンクをご利用ください。

レギュラーシーズン

プレイオフ




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました