【クラロワリーグ2020】Weekly CRL – Week1(8/15,16)【イーストS2】

スポンサーリンク
クラロワ

クラロワリーグ(Clash Royale League / CRL)イースト フォールシーズンの結果を週ごとにまとめてみるシリーズを試しに始めてみます。

今回はクラロワリーグの開幕となったWeek1

(※)本記事中の図表はCRL Pocketのものなどを使用しています。

スポンサーリンク

試合結果

試合の結果と一言(短いタイトル)を書いていきます。

Day1 8/15(Sat)

📺放送アーカイブ
実況:海老江邦敬、解説:ドズル

W.EDGM 1-2 FAV gaming

  • HigherSolomanのエースコンビ
  • Hajime KOHで3タテの鮮烈デビュー
  • X-Bow Master 自宅(?)で勝利の舞

Nova Esports 2-0 Talon

  • AukLciopの英雄コンビ
  • イメチェンGeralt ホグで1勝
  • Lciop 2連勝でKOHを締める

Team Timing 0-2 PONOS

  • RAIKIRAD 初手ダブルバレバレ
  • Mugi デビュー戦のKOHに勝利
  • Sado 迫撃スケラでMugiを撃破

Day2 8/16(Sun)

📺放送アーカイブ
実況:海老江邦敬、解説:shun

PONOS 0-2 TTG

  • Houyi Nuomiciと組んでクラロワリーグ復帰戦に勝利
  • FamousKidBossの新人組 初登場
  • Nuomici バルーンを通し切って吠える

KIX Team 2-1 W.EDGM

  • iSlawLight フランスとエジプトでペア
  • 日本人YUYA 2連勝でデビュー
  • Light きらびやかな椅子に座り1v1に勝利

FAV gaming 1-2 Team Timing

  • GreedSado 巨スケクローンミラークローン
  • X-Bow Master 25HP差でSadoに競り勝つ
  • Nuri スケラ連投でJACK撃破
スポンサーリンク

活躍ランキング

Week1の活躍上位選手一覧です。

試合が2試合あったチームにはマークを付けています。

Nuomici選手・Lciop選手は2v2とKOHで、X-Bow Master選手はKOHと1v1で負け無しの活躍です。
Hajime選手は誰もが驚くクラロワリーグデビュー戦でのKOH3タテ。
W.EDGMは試合は2連敗ですがHigher・Solomanペアの2v2は2連勝でした。

注目デッキ – 迫撃スケラ

個人的に注目したデッキについて見てみます。

デッキリンク

Day1 Match 3、Team Timing – PONOS 戦。
Set2のKOHでSado選手がMugi選手相手に使用して勝利したデッキです。

迫撃+スケルトンラッシュという組み合わせ。そしてムートの採用。一見珍しいデッキが視聴者の興味を引きました。

デッキ統計

RoyaleAPIのサイトでデッキ統計を見ることができます。
👉Mortar GY Cart

過去1ヶ月ぐらいの期間にこのデッキでグランドチャレンジ12勝した人が14人確認できました。

解説動画

このデッキを使いたいと思った時、参考になるかな?と思う解説動画を探してみました。

📺【クラロワ】迫撃スケラでサブ垢も20勝達成!リプレイ徹底解説 – YouTube
Suzukaさん(Twitter)の動画です。投稿日:7/29。
このデッキを使って20勝チャレンジをクリアしたようです。

📺NO ONE Expect This Combo! Top Ladder w/ Mortar Graveyard – YouTube
VULKanさん(Twitter)の動画です。投稿日:6/30。
マスケ → アーチャーの違いがあります。

ルール関連

クラロワリーグは毎回細かいルールは広く発表されないので、放送中などで分かった事を書いてみます。

セット順が2v2 – KOH – 1v1であることは知っていましたが、「各選手は最大3セット出場可能」と放送冒頭に説明がありました。つまりは1人の選手が全てのセットに出ることができるという事です。

実際に開幕戦のW.EDGM vs FAV gaming戦で早くもHigher選手が全セット出場をしています。

前シーズンまでとルールが変わるのはいいのですが、できれば変えた理由も公表してほしいなと思います。

また、1試合に出ることができる選手数が何人か、制限があるのか気になっていましたが、Day2のFAV gaming vs Team Timing戦でFAVの5選手全員が出場していたので、少なくとも5人は出場できる事が分かりました。

これにより人数の多いチームは特に2v2専門の選手を作るというような役割分担がしやすいのではないかと思いました。

最後に

中国上海がメインの試合会場。

今シーズンから観客を入れての試合実施。
会場以外の選手は、前シーズンの静止画からカメラをつないでの動画にグレードアップ。
2v2のリプレイでは会場の選手の会話内容も込みでリプレイ。

世界がコロナ禍の状況で選手全員が一箇所に集まっての試合は出来ないという点は前シーズンと変わりませんが、このように色々と視聴者を楽しませようとする工夫を凝らしてくれていたのはとても嬉しかったです。

これからも熱い戦いを見せてくれることを期待したいと思います。

Weekly CRL リンク

各週へのリンクです。




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました