【クラロワリーグ2020】Weekly CRL – Playoff Week1(10/24, 25)【イーストS2】

スポンサーリンク
クラロワ

クラロワリーグ(Clash Royale League / CRL)イースト フォールシーズンの結果を週ごとにまとめるシリーズ。

今回はWeek10です。プレイオフの第一週でした。

(※)本記事中の図表はCRL Pocketのものなどを使用しています。

スポンサーリンク

結果概要

レギュラーシーズンの3位~6位の4チームが戦い、世界一決定戦に出場する残りの2枠を争いました。

上記トーナメント図の左側の戦いが行われました。

1回までは負けることができるダブルエリミネーション方式です。

結果は、2連勝したFAV gamingがまず通過。そして初戦に敗れて敗者復活に移ったもののそこから2連勝したW.EDGMが通過しました。

来週は4チームによるイーストのチャンピオンを決める戦いが行われます。そして最終順位によって世界一決定戦での組み合わせも影響するのかもしれません。

試合結果

試合の結果と一言(短いタイトル)を書いていきます。

Day1 10/24(Sat)

📺放送アーカイブ
実況:海老江邦敬(@kuroebi_games)、解説:shun(@shun_CR510)

KIX Team 2-3 FAV gaming

  • 試合前 お互いに煽り合うVTRが流れる
  • JACK, Kitassyanペア 巨スケロイジャイデッキで2Gameを逆転勝利。日向坂46の「キュン」の「目と目 合うと胸が締め付けられる」の部分のやつ。
  • Kitassyan KOH戦。ロイジャイとクロスで2連勝。それを止めたLightも神器とホグで2連勝。
  • Hajime 今シーズン1v1Setの初勝利を大一番で達成。

Talon 3-0 W.EDGM

  • 試合前 お互いに煽り合うVTRでBlizzardはノリノリ
  • Geralt 先週に引き続きKOH3タテ勝利
  • Geralt Set3にも勝利し、先週と合わせるとGame10勝1敗と絶好調

KIX Team 2-3 W.EDGM

  • Soloman, Higher ラヴァダクネスケラレイジという意外性のあるデッキでGame1を先取するが逆転で敗れる
  • BenZer Higher戦では最後ポイズンでタワーHPを逆転。幸せの表情とポーズ。
  • Light Set4で回線の問題か審判の不手際かがあり試合中にも不満気な様子を見せる。Game3は僅差で敗れる。
  • KIX Teamはこの試合で世界一決定戦行きの望みは絶たれ、今シーズンを終えた。

Day2 10/25(Sun)

📺放送アーカイブ
実況:岸大河(@StanSmith_jp)、解説:いけだつばさ(@Wing_CR)

FAV gaming 3-0 Talon

  • JACK, Kitassyanペア Game3では相手のクロスを読んだか、クエイクを含む6スペ(呪文)を入れたデッキで勝利
  • Hajime KOH大将戦では最後はスケラを必死に防衛しHP3差でタイブレイカー勝利。Blizzardはしばらく頭をかかえて動けず。
  • JACK Set3のGame2では、キングタワーを狙う相手のラヴァダクネベビドラロリババディガーを守り切り、そのペッカの後ろにつけるように出した自陣バルーンが敵の防衛をすり抜けるようにタワーに到達、タワーを折って勝利。
  • FAV gamingはこれで世界一決定戦出場決定となった

W.EDGM 3-1 Talon

  • One Crown, Lineペア これで2v2の11勝目となり最多勝ペアは確実となった
  • Soloman KOHのLine戦ではボウラーを重ねて(Wボウラーズ)相手にユニットを割かせ、逆サイドにロイジャイライトニングで逆転勝利
  • Wange Game2には見習い親衛隊とムート、攻城を入れる独特のデッキを見せるなどしてSet4に勝利
  • この試合により、W.EDGMが世界一決定戦への最後の切符を手に入れ、一方のTalonは今シーズンを終えることになった。
スポンサーリンク

注目デッキ)ボウラーバルーン

個人的に注目したデッキについて見てみるコーナーです。

デッキリンク

ランバー+バルーン、バルーン+フリーズの組み合わせはよくありますが3つまとめて入っているデッキです。そして地上の防衛として働くボウラーが入っているのが特徴です。

使用シーン

今週のDay1でFAV gamingがKIX Teamと戦った試合、JACKX-Bow MasterHajimeの3選手がこのデッキを使用しました(結果2勝1敗)。

また、同じくDay1でW.EDGMのSolomanがKIX TeamのYUYA相手に使い、勝利。

Day2ではTalonのGeraltがW.EDGMのHigher相手に使い、これも勝利しています。

このデッキを5人の異なる選手が使い4勝1敗と高勝率をあげたのは興味深いです。

デッキ統計

RoyaleAPIでデッキ統計を見ることができます。
👉Loon ID BBD Nado

20822戦11554勝で勝率55.5%。
現時点でこのデッキを使って到達したトロフィーの最高が7551。
過去1ヶ月ぐらいでグランドチャレンジ12勝した人は13人いました。

割とよく使われているという印象の数字です。

ボウラー

このデッキ自体は昔から存在していたようですが、今現在使われている理由として、ボウラーが最近バランス調整されたのが理由にあるかもしれません。

最近と言っても8月(8/4)に行われたバランス調整ですが、ボウラーが次のようにリワーク(大きく性能が作り変えられたという意味)されました。

  1. ターゲット認識距離(Sight Range) 5 → 4
  2. HP +8%(1596 → 1729
  3. 弾の飛距離(投石距離) 6 → 7.5

敵を見つける距離は短くなったものの、体力が増え、投げる石が転がる距離が伸びました。

参考記事・参考動画

このデッキを使いたいと思った時、参考になるかな?と思う記事や動画を探してみました。

📺NO SKILL NEEDED: BROKEN BALLOON DECK! Freeze NEEDS a NERF! — Clash Royale – YouTube
SirTagTwitter)の動画です。投稿日が2018/12/27と約2年前の動画です。

📺【クラロワ】攻守最強!このバルーンデッキ強すぎるww – YouTube
PONOSのライキジョーンズ選手(Twitter)の動画です。投稿日が2019/1/3でこれも昔の動画ですね。

📺【クラロワ】調整されたボウラーどうなの?射程距離が超強化されました!! – YouTube
PONOSのRAD選手(Twitter)の動画です。投稿日が2020/8/4と、バランス調整直後の動画となっています。

📄【クラロワ】隠れた強デッキ!ボウラーフリーズバルーンデッキの使い方 | Smashlog
アムロさん(Twitter)の解説記事です。投稿日:2020/9/3。

最後に

来週はいよいよイーストのチャンピオンが決まる戦いが行われます。

“ボウラーランバルフリ”デッキが見られるかどうかにも注目したいと思います。

Weekly CRL リンク

各週へのリンクです。




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました