【クラロワリーグ2020】Weekly CRL – Week4(9/5,6)【イーストS2】

スポンサーリンク
クラロワ

クラロワリーグ(Clash Royale League / CRL)イースト フォールシーズンの結果を週ごとにまとめるシリーズ。

今回はWeek4です。

(※)本記事中の図表はCRL Pocketのものなどを使用しています。

スポンサーリンク

試合結果とチーム成績

Week4終了時点の星取表です。赤字が今週あった試合です。

単独首位のPONOSは今週1勝し首位を守りました。

TalonNova Esportsも1勝し、PONOSに付いていきます。KIX Teamは今週2勝し、同じく2敗組として並びました。

TTGFAV gamingは今週2敗し大きく後退しました。

W.EDGMはようやく初勝利を挙げたものの、もう1試合には負け、最下位のままです。


今週で全チームが6試合を消化済となりました。残り8試合ずつですので来週がレギュラーシーズンの折り返しとなります。

試合結果

試合の結果と一言コメントを書いていきます。

Day1 9/5(Sat)

📺放送アーカイブ
実況:岸大河(Twitter)、解説:みかん坊や(Twitter

W.EDGM 2-0 TTG

  • Boss, FamousKid アメリカ・シンガポール間(?)の初ペア。私服からTTGのユニフォーム姿へ。
  • Higher, Solomanペア 最後ディガーをフリーズ防衛で勝利。
  • Soloman 巨スケバルーンでの攻撃。ハンター防衛に雪玉一発でKOH大将戦を制す。

FAV gaming 0-2 PONOS

  • RAIKI, RADペア バルーンをBANしての空軍デッキでGame1を取る。Set勝利でダブルモンキーポーズ。
  • KK Mugiの活躍に出番を奪われていた形だったがここでKOH3タテ
  • FAV 日本チーム対戦に悔しいストレート負け

KIX Team 2-0 Team Timing

  • iSlaw, Lightペア Game1にエリゴレ、Game2にランバーバルーンメガナイトスケラと驚きの戦術
  • Sado 迫撃スケラ3連投でKOH3タテを狙うもLightのスケバレ迫撃にタイブレイカーで敗れる。
  • KOH大将はNuriではなくGreed。Lightに敗北。

Day2 9/6(Sun)

📺放送アーカイブ
実況:海老江邦敬(Twitter)、解説:shun(Twitter

Talon 2-0 W.EDGM

  • One Crown, Lineペア スケラフリーズ2連投からのラヴァで勝利
  • Wange マスクで曇るのかメガネを外したりかけたり
  • Line コウモリ型のロイジャイでSolomanのゴーレムに勝利

Nova Esports 2-1 FAV gaming

  • KENTSUMESHI, Kitassyanペア 4度目にして初勝利
  • JACK Rainのロイジャイをボムタワー防衛。最後のファイアボール以外はノーダメージ勝利。
  • JACK D.Kingのスパーキーがタワーに入るもHPが144残り勝利。スケラ3連投もLciopに敗れる。
  • Hajime 1v1でスケラ3連投もLittle Chenに敗れる

TTG 0-2 KIX Team

  • 2v2はリモートペア同士の戦い。Game3はラヴァ2体にライトニングというほぼ同じデッキ同士の戦いとなる。
  • iSlaw, Lightペア これで2連敗からの3連勝
  • BenZer ここまでKOH3連敗だったが3タテ勝利。喜び余って思わずスタンプ連打。
スポンサーリンク

活躍ランキング

Week4の活躍上位選手一覧です。

(※)試合が2試合あったチームにはマークを付けています。

Lightが2v2とKOHで大活躍しました。Lineも2v2とKOHの両方で活躍です。

KKBenZer RidelKOH3タテ勝利を達成しました。


次にWeek4終了時点でのトータルの活躍上位選手です。

One Crown, Lineペアは今週1勝し5勝1敗の高勝率をキープしています。

Lciopは今週KOHで2勝し、KOHは6勝無敗です。

KKは前シーズンKOHで15勝5敗(勝率75%)と脅威の数字を出しました(⇒ CRL Pocket)が、今週3タテ勝利し、その強さが今シーズンも現れてきました。

デッキ傾向

今週、1v1(KOHとSet3)は28 Game行われました。デッキで言うと56デッキが使われたことになります。

この全デッキを主軸カードにより分類し、使用回数を数えました。

主軸使用回数割合勝敗
スケラ1832.1%9勝7敗
ロイジャイ1323.2%5勝6敗
ロイホグ814.3%4勝2敗
ラム47.1%1勝3敗
迫撃47.1%4勝0敗
ゴブジャイ35.4%1勝2敗
バルーン11.8%勝ち
ラヴァ11.8%負け
ディガー11.8%負け
WB11.8%負け
ゴーレム11.8%負け
ホグ11.8%負け

※重複カウントはしていないので、迫撃スケラはスケラに、WBディガーはディガーに分類しています。
※同じ主軸のデッキ同士の対決は勝敗の数字には含めていません。

割合を見ると、スケラ+ロイジャイで55%。更にロイホグを合わせると70%を占めます。

主軸が同じでもデッキの形が違う場合はあるものの、傾向としては今の環境では強いデッキが固定化されているのかな?と思いました。

逆に今週使われていない主軸カードは、エリクサーゴーレム、ジャイアント、三銃士、クロスボウ、ゴブリンバレルといった所です。

注目デッキ)スケバレ迫撃

個人的に注目したデッキについて見てみるコーナーです。

デッキリンク

前章に書いたように、このデッキは今週4勝0敗と勝率100%でした。

しかもLightLineLittle ChenBenZer Ridelと四人の異なる選手が1回ずつ使って勝っています。ちょっと珍しいですね。

デッキ統計

RoyaleAPIでデッキ統計を見ることができます。
👉Mortar Bait

90584戦47095勝で勝率52.0%。
過去1ヶ月ぐらいでグランドチャレンジ12勝した人が65人(多い!)いました。

SSG Samuel(クラロワリーグWestのプロ選手/Twitter)がこのデッキを使い、9/7に終了したばかりの前シーズンをトロフィー8124でグローバル23位フィニッシュしています。

参考記事・参考動画

このデッキを使いたいと思った時、参考になるかな?と思う記事や動画を探してみました。

📺【クラロワ】今シーズン大注目デッキ!最新型無課金迫撃デッキが超強いらしいので紹介します!! – YouTube
PONOSのプロ選手である焼き鳥さん(Twitter)の動画です。投稿日:8/21。

📺【クラロワ】迫撃+スケバレがキテる!!最先端デッキで生マルチ! – YouTube
元プロ選手である「だに」さん(Twitter)の動画です。投稿日:8/25。

📺【クラロワ】7400到達!スケバレ迫撃強すぎる – YouTube
Suzukaさん(Twitter)の動画です。投稿日:9/3。
8/218/24にも動画をアップされています(ウッド → ローリングバーバリアンの入れ替えあり)。

📺【Deck Catcher】高回転で削り切れ!迫撃スケバレデッキをご紹介! – YouTube
クラロワリーグイースト公式チャンネルにアップされている動画です。投稿日:9/3。

📄【クラロワ攻略】迫撃スケバレデッキの使い方・立ち回り解説 – Smashlog
元プロ選手であるピラメキさん(Twitter)の解説記事です。投稿日:9/7。

最後に

Wange選手の試合コメントの所で書きましたが、メガネをかけている選手はマスクとの相性に注意する必要がありそうです。TalonのBlizzard選手などは普段メガネですが試合中はメガネを外していますね。


9/8(火)に予定されているバランス調整でヒールスピリットが弱体化されるなど、いくつかのカードに変化が加わります。

来週のクラロワリーグで使われるデッキに大きな変化が起こるかどうか?注目したいと思います。

Weekly CRL リンク

各週へのリンクです。




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました