【クラロワリーグ2020】Weekly CRL – Week3(8/29,30)【イーストS2】

スポンサーリンク
クラロワ

クラロワリーグ(Clash Royale League / CRL)イースト フォールシーズンの結果を週ごとにまとめてみるシリーズ。

今回はWeek3です。

(※)本記事中の図表はCRL Pocketのものなどを使用しています。

スポンサーリンク

試合結果とチーム成績

Week3終了時点の星取表です。赤字が今週あった試合です。


PONOSが2勝し4勝1敗、単独首位になりました。3勝1敗同士の対決となったNova戦にも力強く勝利です。

無敗だったTTGは2敗し、2勝2敗のイーブンに。

W.EDGMは今週も1敗で未だ勝利無し。立て直しが期待されます。

試合結果

試合の結果と一言(短いタイトル)を書いていきます。

Day1 8/29(Sat)

📺放送アーカイブ
実況:海老江邦敬(Twitter)、解説:ドズル(Twitter)

TTG 0-2 Nova Esports

  • 入場時、Nova側の扉が開かないアクシデント
  • 中国チーム同士の対決で試合後の握手も復活
  • Nova KOHで3人がロイジャイ4連投

PONOS 2-1 Talon

  • Line, One Crownペア 意表を突くランバーBAN
  • Mugi 早くも2度目のKOH3タテ
  • Mugi 1人で勝つ

Team Timing 2-0 W.EDGM

  • Greed, Sadoペア バルーンを止めるラムライダー2枚採用
  • Sado KOH3タテ
  • がんばれ Higher Soloman

Day2 8/30(Sun)

📺放送アーカイブ
実況:Jaeger / いぇーがー(Twitter)、解説:ドズル(Twitter)

FAV gaming 1-2 KIX Team

  • iSlaw, Light リモートペア 2v2初勝利
  • Hajime vs YUYA 今季初の日本人対決はここで実現
  • Hajime Mugiに負けじと2度目のKOH3タテ
  • BenZer 敗れたロイジャイ連投でHajimeを下す

Nova Esports 0-2 PONOS

  • RAIKI, RADペア インドラが単体でタワーを焼き切って勝利
  • RAD ラヴァバルでAukに3クラウン勝利
  • Mugi KOHの大将戦を制し、試合を決める

Talon 2-0 TTG

  • One Crown, Lineペア 息のあったトルネファイボ連発
  • Blizzard ババ小屋ロイホグ三銃士でHouyuに勝利
  • Blizzard 大将戦も制し、チームに勝利をもたらす
スポンサーリンク

活躍ランキング

Week3の活躍上位選手一覧です。

(※)試合が2試合あったチームにはマークを付けています。

MugiSadoHajimeがKOH3タテを決め、相変わらず3タテの多いシーズンとなっています。

TalonのOne Crown・Lineペアは今週2勝し、安定感が光ります。


次にWeek3終了時点でのトータルの活躍上位選手です。

MugiはGame単位で見ると先週のKOH3タテから数えてなんと9連勝中。まだ連勝は伸びる可能性があり注目です。

2v2は初っ端のSet1で重要度が高いです。PONOSTalonTeam Timingのように2v2ペアが決まっている、もしくは決まりかけていて勝っているチームはこの先大崩れはしないような気がします。

注目デッキ)ロイジャイヒースピ

個人的に注目したデッキについて見てみるコーナーです。

今週は現在の環境のど真ん中にいるといってもいいロイジャイヒースピデッキです。

デッキリンク

今週のクラロワリーグの中だけでも細かいバリエーションがあったので、上画像で示しました。

漁師トリトンは7月頭のバランス調整でフックのチャージ速度と攻撃速度の両方が強化されました。

ヒールスピリット(ヒースピ / ヒルスピ)は1コストで範囲内のユニットを回復する有能なカードです。クラロワリーグを見ても1v1、2v2ともに使用率が高く、次のバランス調整(9月前半)で弱体化される可能性が大です。

使用率・勝率

今週Week3だけでこのロイジャイヒースピデッキの使用率を数えてみました。

KOHと1v1(Set3)の合計で30 Game行われました。その中でロイジャイヒースピデッキを使った選手が14人。つまり60デッキ中の14デッキで使用率は23.3%でした。様々なカード・デッキがあるクラロワの中で4人に1人弱が同じデッキを使うというのはやはり多すぎると言っていいレベルなのかなと思います。

また、このデッキの勝率は8勝4敗(*)で66.7%とこちらも高い数字でした。
(*)ミラー対決の数字を除いた数字

バリエーション

今週現れた14デッキでのカードバリエーション傾向です。

  • スケルトンドラゴン13回 - エレクトロウィザード1回
  • ローリングバーバリアン8回 - ローリングウッド6回
  • 漁師トリトン11回 - ゴブリンの檻3回

対戦相手のデッキ傾向によってどの形にするかを変えると思いますが、スケドラ型が主流になっているように見えます。

デッキ統計

RoyaleAPIでデッキ統計を見ることができます。
👉RG SD FishBoy 3.1 Cycle

13192戦7260勝で勝率55.0%。
現時点でこのデッキを使って到達したトロフィーの最高が7774。
過去1ヶ月ぐらいでグランドチャレンジ12勝した人が28人いました。

参考記事・参考動画

このデッキを使いたいと思った時、参考になるかな?と思う記事や動画を探してみました。

📺【クラロワ】レベル低くても勝てる今シーズン最強のロイジャイがヤバすぎて発狂しました、、 – YouTube
PONOSのプロ選手、ライキジョーンズさん(Twitter)の動画です。投稿日:8/10。
スケドラ・ウッド型です。

📺【クラロワ】ロイジャイ超下手な俺でも勝てるロイジャイ最強デッキがあるんだがwwww – YouTube
FAV gamingのプロ選手、けんつめしさん(Twitter)の動画です。投稿日:8/13。
エレウィズ・ウッド型です。

📺【クラロワ】無限ロイジャイが環境トップにたち続ける! – YouTube
isaporonさん(Twitter)の動画です。投稿日:8/11。
スケドラ・ウッド型です。

📄【クラロワ】今間違いなく最強のデッキ「高回転トリトンロイジャイ」を徹底解説 | Smashlog
Lewisさん(Twitter)による記事です。投稿日:8/17。

最後に

今週はJaeger(いぇーがー)さんがクラロワリーグ実況のデビューとなりました。デビューとは思えないくらい落ち着いて聞きやすい実況で今後の実況も楽しみになりました。


また、放送を見ていてセットの表記が変わったな?と思ったので調べてみました。

順に、2020S1プレイオフ → 2020S2 Week1 → 2020S2 Week3

これまでで一番スッキリ見やすくなってますね。こういうマイナーチェンジも視聴者にとってうれしいです。

Weekly CRL リンク

各週へのリンクです。




以上です! Enjoy クラロワリーグ!

クラロワリーグ 関連リンク



このコンテンツは非公式であり、Supercellによる承認を受けていません。ファンコンテンツに関する詳細は、Supercellのファンコンテンツポリシーをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました